都筑区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

中大附属陸上部 恩師に捧ぐ最後のレース 17日 競歩能美大会へ挑む

スポーツ

前列左から伴野さん、府川さん、小貫さんと後列左から吉川さん、林さん、常磐教諭、富樫さん、平岡さんの競歩チーム
前列左から伴野さん、府川さん、小貫さんと後列左から吉川さん、林さん、常磐教諭、富樫さん、平岡さんの競歩チーム

 生徒のおかげで色々な場所に連れて行ってもらった感謝しかない―。

 こう話すのは中央大学附属横浜中学校・高等学校の陸上部顧問、常磐信欽さん(43)だ。13年4月から6年間同部で指導にあたり、特に競歩種目でインターハイ出場選手を輩出するなど顕著な成績を残してきた。3月末で同校を去ることが決まっており、競歩チームメンバーは17日、恩師を前に最後の全日本競歩能美大会(石川県)に挑む。

「先生のおかげ」

 全国各地から強豪が集う同大会。高校生10Km(男子)に出場するのは、共にインターハイ出場経験のある平岡昌敏さん(高3)と吉川絢斗さん(高2)。中学時代は陸上部だったが高校で続けるかどうか悩んでいたという平岡さんは「本当にいい経験ができた。先生のおかげで人生が変わった」と話し、平岡さんに誘われて本格的に競歩に取り組んだ吉川さんも「濃い陸上生活がおくれている」と常磐教諭との思い出を話す。

 高校生5Km(女子)に挑むのは富樫莉佐子さん(高2)と林美玖さん(高1)。高校から陸上競技を始めた富樫さんは「競技外の挨拶や礼儀など常磐先生だからこそ学べたことがある」とし、林さんは「これまで出会った人の中でここまで真剣に厳しく指導してくれた人はいない。人生ががらっと変わった」と感謝を表す。

 先輩にあこがれ競技に取り組むのが府川日菜多さん(中2)と伴野美結さん(中2)、小貫琉菜さん(中1)。3人は中学生3Km(女子)に出場。「(8位)入賞して先生と一緒に喜びたい」と3人は笑顔で語ってくれた。

 昨年11月、高校陸上部メンバーには退職する意向を伝えた常磐教諭。これまで二人三脚で生徒と歩んできた常磐教諭は「生徒の活躍が何より嬉しい」と満面の笑みを見せた。最後のレースが迫る。
 

宗忠寺墓苑 限定区画販売開始

墓石付き完成墓地98万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

都築の杜

職人さんの仕事を体験しよう!「ちびっこ工務店!」

https://nakaken-nh.jp/event/181126-2/

北山田商業振興会 さくら祭り

4月6日(土)、7日(日)に山田富士公園で開催します。

http://kitayamata.com/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6件

職業人が仕事説明

駅前でセン北まつり

体育館にエアコン設置へ

横浜市

体育館にエアコン設置へ

3月21日号

地域活性化事業に助成金

横浜FCサッカー教室

荏田南ハマっ子ランド

横浜FCサッカー教室

3月21日号

「せんせい わすれないでね」

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク