都筑区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

ラフティング世界選手権 加藤さん(荏田南在住)ら総合3位 大学チームで出場

スポーツ

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
息を合わせ川を下るチーム「TAMA」
息を合わせ川を下るチーム「TAMA」

 ラフティング世界選手権2019がこのほど、オーストラリアのケアンズで行われ、23歳以下男子の部で、荏田南在住の加藤昂大さん(一橋大3年)が所属するラフティング部が総合で3位となり銅メダルを獲得した。

 ラフティングとは、4人または6人で大型ボートに乗り込み、パドルを使用して激流の川を下るスポーツで、タイムによって勝敗が決まる。

 大学入学時に「今までに体験したことのないスポーツを始めたい」とラフティング部に入部した加藤さん。川下りの迫力に魅了され、大学のそばを流れる多摩川などで練習を重ねた。

 1年生の10月、徳島県で開催された世界大会に先輩の出場が決まり、応援のため現地へ行くと、レベルの高さに驚いたという。「川の流れが激しく、見ているだけで迫力があった。観客も国内大会より多く盛り上がっていた」と世界の舞台を夢見るようになった。

海外へ勝負挑む

 2年生の7月には世界大会へ向けて、部員と6人組のチーム「TAMA」を結成。ボートの中でリーダーとなる艇長として仲間をまとめた。「競技で一番大切なのはメンバーの息を合わせること。声を掛け合うことを意識した」と話す。昨年の10月に行われた日本代表の選考会では35チーム中3位。23歳以下男子の部では1位に輝き同部門で世界への切符を手にした。

 オーストラリアで5月に行われた世界大会にはチェコやニュージーランドなど5カ国5チームが出場。体格差のある外国人選手に劣らぬよう大会5日前に現地入りし、実際のコースを何度も下ったという。

 競技は、コースや障害物の異なる4種目の総合点で競われる。チームが得意としたのは「ダウンリバー」と呼ばれる約40分をかけて川を下るタイムトライアル種目。強豪チェコに続き、銀メダルを獲得した。その他2種目でも銅メダルを獲得しチームは総合で銅メダルに輝いた。加藤さんは「メダルを狙っていたので嬉しい」と感想を述べ、「今後は後輩の指導に力を入れたい」とチームの発展に尽力するつもりだ。

艇長を務めた加藤さん
艇長を務めた加藤さん

都筑区版のトップニュース最新6

25周年、各地で祝う

都筑区制

25周年、各地で祝う 社会

記念式典に約300人

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

「ららぽ」に子育て支援拠点

「ららぽ」に子育て支援拠点 教育

5日から利用開始

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ 社会

本日から利用スタート

10月31日号

「オクトーバーフェスト」開催

中川駅前商業地区振興会

「オクトーバーフェスト」開催 社会

恒例行事の運営を一新

10月24日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク