都筑区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

みなもブロックを製作した第一フォーム(株)の代表を務める 澁谷 正明さん 都筑区在勤 52歳

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena

ド根性魂で邁進

 ○…先代から発砲スチロールの加工業を継いで17年。区内の町工場が地域活動を行う「メイドインつづき」に積極的に取り組み、みなもブロックをはじめ区内イベントの看板などを製作してきた。廃材や技術を生かしたワークショップは多くの親子から人気を集めている。「捨ててしまう廃材も子どもにとっては宝の山。本業を生かして活動を続けていきたい」

 ○…自営業を営む両親のもと、男3兄弟の次男として川崎で誕生。学校帰りはランドセルを背負ったまま公園へ直行し、日が暮れるまで遊び回る自由奔放な少年だった。家の隣にあった鉄工所に上がり込むのも当時の日課。「おばちゃんが作ってくれる砂糖水がうまいの。地域に育ててもらった」。幼少期の思い出は現在の活動の源だ。

 ○…小中高と野球に熱中し、立教大でアメフトを始めたスポーツマン。大学では観光学を専攻し「超楽しかった」と文武両道な4年間を過ごした。旅行会社に就職すると、テレビ局の海外ロケの手配や、機材の搬送申請などを行う法人営業を担当。「英語も適当にペラペラだった」と持ち前の社交力で社内首都圏エリアトップ5の成績を納めるも、朝から終電まで働く生活に疑問を持ち、転職。その後35歳で父親の工場を継いだ。

 ○…「社長になれば自分の意志で仕事ができそう」と会社を継ぐも、多額の借金が発覚。利益率の改善や特殊加工品の取り扱いを行うなど、新しい経営方針を打ち出し5年で返済をした。「幼い頃に会社がつぶれかける場面を見てきた。生半可な気持ちではできないことを再確認した」と常にアンテナを張り巡らせ需要を探る。「息抜きはお酒」とにんまり。友達の多さは父親譲りだ。「地域の役に立ち、必要とされ、愛される会社でありたい」

都筑区版の人物風土記最新6

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月20日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月13日号

日向 千絵さん

ニュータウン動物愛護会の代表で、3月に被災犬猫支援活動のパネル展を行う

日向 千絵さん

荏田南在住 46歳

2月6日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月30日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月23日号

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

10周年を迎えた(一社)日本ヒューマンビートボックス協会の代表理事を務める

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

横浜市在住 34歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク