都筑区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

水生生物で就労訓練 障害者らメダカなど飼育

社会

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
飼育しているメダカと事業所で働くメンバー
飼育しているメダカと事業所で働くメンバー

 東山田町にある多機能型事業所さくらの樹(斉藤ゆかり施設長)では、障害者がメダカなど水生生物の飼育を通し、就労訓練に励んでいる。事業所職員や施設で働く障害者に仕事内容などについて話を聞いた。

 (一社)聖羅会が営むさくらの樹では知的障害や発達障害(自閉症含む)、難病のある13人が作業を行っている。就労継続支援B型の同事業所では企業での就労が難しい利用者が、この施設に通い、軽作業などを通し社会性を学んでいる。

 2008年の発足当初は豆腐作りなどを通し、障害者の就労訓練をしていた。しかし、老化現象が進む利用者に豆腐作りは重労動だった。そこで、斉藤施設長は軽作業を中心とした活動を模索し、出会ったのがメダカの飼育、販売だった。水槽の掃除や水作り、餌やり、個体の選別作業など、作業は単純だが、多岐に渡るメダカ飼育に着眼した。

 9月11日、東山田町の事業所ではメダカのサイズに合わせて選別する作業や水槽洗いなどが行われていた。現在はメダカのほか、ビーシュリンプと呼ばれる観賞用の小エビやミジンコ、イモリの飼育も行っている。

 障害者らが育てたメダカ、ビーシュリンプなどはペットショップや熱帯魚店に卸すほか、同事業所が運営するインターネット上のECサイト、いきものモール【URL】https://ikimonomall.com/でも販売をしている。

 事業所で働く20代前半の男性は「(丸いメダカ)だるまがかわいくて好き。作業が楽しい」と話し、通所3年目の男性は「ミジンコの餌をあげたり、作ったりするのが好き」と働きがいを感じているようだ。

都筑区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

セン南北周辺の上昇続く

都筑区内基準地価

セン南北周辺の上昇続く 社会

宅地最高は「荏田1丁目」

10月10日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月3日号

新シーズンへ出航

プロバスケ横浜ビーコル

新シーズンへ出航 スポーツ

「海賊よ、勇敢であれ」

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

9月26日号

花形選手が世界戦初防衛

池辺町ボクシングジム

花形選手が世界戦初防衛 スポーツ

好敵手「判定」で下す

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク