都筑区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

川和町上サまつり 「子ども神輿」初担ぎ 金子さん(荏田西在住)の手作り

文化

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
新しい子ども神輿を囲む保存会メンバーと三田会長(前列左)、金子さん(前列中央)
新しい子ども神輿を囲む保存会メンバーと三田会長(前列左)、金子さん(前列中央)

 20日に行われる予定の川和町上(カ)サまつりで、荏田西在住の金子勇さん(75)が手作りした子ども神輿が初担ぎされる。金子さんと川和上サ神輿保存会(三田稔会長)のメンバーを取材した。

 重さ約300kg、大人150人ほどで担ぐ大神輿の前を、子ども神輿が先導する川和町上サまつり。これまで使用していた子ども神輿は30年以上前から使用しており、老朽化が進んでいたことを理由に、今年から金子さん手作りの子ども神輿を使用することになった。

 同保存会に所属し、約40年前から川和宿囃子連で笛を担当している金子さん。「子どもに祭りの楽しさを伝えたい」と20年前にも、子どもが担ぐことのできる神輿を作り、近隣の地区に贈っていた。その後もより軽くなったものを製作し、寄贈は今回で3基目だ。

遊び心満載

 金子さんが作る神輿は約40kg。子ども20人で担ぐことができるサイズだ。浅草の書店で、神社仏閣の専門書を購入し神輿造りのイメージを探る。仕事で幼稚園の遊具などを作ってきた経験と技術を生かして、約1年をかけて製作を行うという。

 材料はヒノキの板材。釘は使用しておらず、板の切り方を工夫し、組み合わせるなど細部まで丁寧に作り込まれている。木材に金箔を貼り付けた上部の飾りは、人気キャラクターの手作りフィギュアに付け替えることもできるなど遊び心も満載の神輿だ。金子さんは「子どもが喜ぶ顔を見るのが一番嬉しい」とほほ笑む。

10月20日披露

 約1年かけて作った神輿は川和上サ神輿保存会に渡ると、7月に地元神主から御霊入れを受けて、8月には、完成した子ども神輿と保存会メンバーが区内の老人ホームを訪問し高齢者を元気づけた。

 10月20日の祭り当日は、13時頃、川和上サ会館を大神輿が出発。都筑ヶ丘幼稚園の前を通り、川和高校を目指す約2Kmのルートを3時間かけて練り歩く。子ども神輿は15時頃から合流し、大神輿を先導して進む予定だ。三田会長は「長い時間使っていけるように皆で大切にしたい」と話す。

仏壇ギャラリー ラステル新横浜

どうしたらよいかわからない「実家の仏壇」 仏壇お引き取りサービス

http://lastel.jp/shinyokohama/

東有馬に11/1(金)開院

10/26(土)・27(日)10時~15時、内覧会開催

http://sol-clinic.jp

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

「ららぽ」に子育て支援拠点

「ららぽ」に子育て支援拠点 教育

5日から利用開始

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ 社会

本日から利用スタート

10月31日号

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

「オクトーバーフェスト」開催

中川駅前商業地区振興会

「オクトーバーフェスト」開催 社会

恒例行事の運営を一新

10月24日号

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク