都筑区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

勝田山 最乗寺でカルチャー教室を企画する僧侶の 日野 正胤さん 勝田町在住 44歳

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena

「新たなご縁が人生の財産」

 ○…笑顔で帰る参加者を見て「企画して良かったなぁ〜って、自分の活力になる」と嬉しそうに話す。開創約530年前、浄土真宗本願寺派の寺院で書道やヨガ教室、フラワー講座を開催する発想力のあるアイデアマンだ。「最乗寺カルチャー教室」で初めて寺院に足を運ぶ人もいる。「仏事やお墓参りだけでなく、新しいご縁がたくさんできることが私の人生にとっての財産」と出会いに感謝する。

 ○…鹿児島県出身。祖父は住職、父親が西本願寺鹿児島別院で宗務員として働く「僧侶家系」の次男として生まれ育つ。幼稚園併設の別院境内は木登りやサッカーをする遊び場だった。「怒られたこともあったけど」と苦笑い。小学生時代は同院が夏休みのラジオ体操会場で、袈裟姿の父を見つけると「格好よくて、誇らしい気持ちになった」と幼少期を振り返る。

 ○…高校まで鹿児島で過ごし、京都の仏教系大学へ入学。当時は仏門に入ることは考えておらず、歴史が好きだったこともあり文学部史学科で勉学に励む。「歴史に携わる仕事がしたい。考古学者にも憧れた」。友人と青春18きっぷを購入し、日本全国の城を見て回った「城マニア」だ。お気に入りの城はとの問いに国宝の天守群が圧巻の「姫路城」と即答。「当時のまま、現存しているし、敷地面積も凄まじい」とマニアックな一面を覗かせた。

 ○…大学卒業後、一般企業を経て、縁あって11年前に最乗寺へ。「よそ者の私を受け入れてくれた地域に恩返しがしたい」。今は、僧侶のほか、保護司や消防団団員、町内会理事など地域活動にも尽力する多忙な毎日だ。息抜きは妻、長男との外食。ニュータウンの回転寿司やファミレスにもよく行くそうだ。12月にも新たな講座を開催予定。「お寺の敷居を低くしたい」。今後の活動が楽しみだ。

仏壇ギャラリー ラステル新横浜

どうしたらよいかわからない「実家の仏壇」 仏壇お引き取りサービス

http://lastel.jp/shinyokohama/

東有馬に11/1(金)開院

10/26(土)・27(日)10時~15時、内覧会開催

http://sol-clinic.jp

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

10周年を迎えた(一社)日本ヒューマンビートボックス協会の代表理事を務める

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

横浜市在住 34歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

斉藤 亮太さん

フレスコボール日本代表としてブラジル選手権に出場した

斉藤 亮太さん

青葉区荏田町在住 26歳

12月19日号

登坂 栄児さん

横浜文化体育館で25周年メモリアル大会を行う大日本プロレス代表の

登坂 栄児さん

都筑区在勤 48歳

12月12日号

中塩 義明さん

都筑区25周年記念給食を監修したイオスガーデン料理長の

中塩 義明さん

都筑区在勤 58歳

12月5日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

井上 まゆ美さん

新横浜のハンギングバスケット作りの講師を務めた

井上 まゆ美さん

都筑区在住

11月14日号

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク