都筑区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

ニュータウン動物愛護会の代表で、3月に被災犬猫支援活動のパネル展を行う 日向 千絵さん 荏田南在住 46歳

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena

人間と動物 お互い笑顔に

 ○…毎週日曜日、センター南駅前のすきっぷ広場で保護犬猫の譲渡会を行い27年。年間200匹以上を新しい家族のもとへ送り届けている。東日本大震災の直後から開始した被災動物の保護は今年の3月で10年目。3月8日からはこれまでの活動を記録するパネル展を伊豆で開催する。「不幸な動物が誕生しない仕組みを作ること。人間と動物がお互いに幸せになれる世の中にしたい」 

 ○…父親の仕事の影響で1年間に2回も転校をする生活を送り、友達を作るのにも一苦労。奈良県に住んでいた小4の頃、通学途中の山道で出会った野良犬が、行きも帰りも自分のことを待つようになり、可愛がるも3カ月後には緑区へ転校。寂しさ癒えぬうちに、奈良の友人からその犬が保健所に連れていかれたと連絡がきた。「寂しい時に一緒にいてくれたのに」。居た堪れない気持ちが、動物を救いたいという志に変わった。

 ○…一歩を踏み出したのは中2の時。生活指導教諭から動物愛護団体を紹介され、電車を乗り継いで、散歩などの手伝いへ。保護資金を貯めるために早く働きたいと高校を中退し17歳で自立。バイトをしながら、活動を続け、19歳の時に6人の仲間と都筑で同愛護会を結成した。「動物と人にも相性がある。どちらも幸せになれるようにしっかり寄り添う」と幸せな譲渡の秘訣をにこり。

 ○…速報で流れる被災地を見て「行かなきゃ助けなきゃ」と、発生から2年間は毎週、福島の警戒区域を訪れた。時には2人の息子を連れて行くことも。人のいなくなった静かなまちで飼い主を失った動物を保護しながら、現地では他団体と動物クリニックも開院。「体が動いてしまう。人と動物、どちらも笑顔でいられるよう問題解決に向き合い続けたい」

都筑区版の人物風土記最新6

押部 修一さん

都筑警察署長に就任した

押部 修一さん

区内在住 57歳

4月2日号

鶴田 和久さん

首都高速道路株式会社で神奈川建設局局長を務める

鶴田 和久さん

市内在勤 58歳

3月21日号

中村 瑠水子さん

初の著書「みずひき 基本の結びと17レシピ」を発売した水引折り方講師の

中村 瑠水子さん

都筑区在住 47歳

3月12日号

ko-seiさん(本名:亀井康生)

横浜あゆみ荘のセレモニーでオリジナルソングをを披露した

ko-seiさん(本名:亀井康生)

港北区在住 17歳

2月27日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

2月20日号

志駕(しが) 晃(あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕(しが) 晃(あきら)さん

横浜市在住 57歳

2月13日号

都筑スポーツセンター

4月スタート、春のスポーツ教室。応募締切2月15日まで。

http://www.yspc.or.jp/tsuzuki_sc_ysa/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク