都筑区版 掲載号:2020年6月18日号 エリアトップへ

帆船日本丸 「行幸」記念碑を建立 市内石材店が施工に尽力

社会

掲載号:2020年6月18日号

  • LINE
  • hatena
両陛下の記録を綴った記念碑
両陛下の記録を綴った記念碑

 日本丸メモリアルパーク=西区=内の帆船日本丸前に「上皇上皇后両陛下 行幸啓記念碑」が先ごろ設置された。帆船日本丸保存活用促進委員会(促進委/上野孝委員長)が建立したもので、2017年7月、当時の天皇皇后両陛下が日本丸に訪問された記録や皇后さまが詠んだ歌を記している。施工は市内石材店の(株)石半が担当した。

 当時の天皇皇后両陛下が訪れた際、日本丸の事業を支えるボランティアらと懇談し、励ましの言葉をいただいた経験を後世に伝えたいという思いから記念碑の建立が企画された。

過去の実績認められ

 施工を担当した(株)石半は創業90年の老舗。促進委によると過去に横浜港湾労働者慰霊碑供養塔や横浜港開港150周年記念碑などを施工した実績や、特殊な加工技術を有していたことなどから選定された。今年頭から石の調達を始め、3トンの重さの花崗岩を削って仕上げたという。同社の縄嶋周治代表は「石は特別な形になっており、通常だと倒れてしまう」と説明する。

 記念碑は幅3m、奥行き1・5m、高さ1・55mの大きさ。訪問された両陛下(当時)の様子が記録されたほか、「うみ風を 求め旅行く 若きらを 帆船は待つ 月の港に」と皇后さまが詠んだ歌を、林文子横浜市長が揮毫し歌碑にしている。

 縄嶋代表は「大変光栄な思いで携わったとともに、実際に形にしていく中で、会社の90年の歴史や、私自身30年石工事に携わってきた経験が発揮できた」と話している。

 日本丸は約6億円の事業費をかけ、2018年度からドック内の海水をすべて排水し、老朽化している船底や船体などを修繕した。また、大規模修繕に伴い60の団体・企業などが参加する促進委を18年6月に設立。広報や大規模改修事業に充てるために今年3月31日まで寄付金を募集。1年間で266件、約3750万円が集まり、そのうち約3150万円を改修事業に充てるため横浜市に寄付した。

 そのほかの寄付金は、保存・活用推進事業で使用したほか、記念碑の建立に充てた。

都筑区版のローカルニュース最新6

ミニシティ・プラスが受賞

ミニシティ・プラスが受賞 社会

人・まち・デザイン賞

5月26日号

都筑区が4年連続1位

都筑区が4年連続1位 社会

住みここちランキング

5月26日号

念願の消防団小屋が完成

念願の消防団小屋が完成 社会

茅ケ崎南4丁目の公園内

5月26日号

平和施設へ寄付募る

物産店「沖縄宝島」

平和施設へ寄付募る 社会

5月26日号

「違憲論争に終止符を」

三谷議員

「違憲論争に終止符を」 政治

自衛隊への思い語る

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook