都筑区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

3・11連載①東日本大震災から10年〝忘れない〟を力に 経験したことを後世へ 緑区在住 渡邉謙一さん(37)  佳奈子さん(35)

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
東日本大震災の経験を語る渡邉夫妻
東日本大震災の経験を語る渡邉夫妻

 2011年3月11日。その日は、福島県いわき市に当時暮らしていた渡邉謙一さん(37)と佳奈子さん(35)にとっては、結納を夕方から行う予定だった。その前に、飲食店で2人で休憩していた時、今まで経験したことのない揺れに襲われた。「その場に立っていられなかった。しゃがみこむことしかできなかった」と佳奈子さん。携帯電話も通じず、状況も分からない。その後も大きな余震は続いたという。

 謙一さんの祖父母の実家は海の近くだった。祖父は津波に巻き込まれ、4日間連絡が取れなかった。ニュースで津波のことを知り、「無事を祈る事しかできなかった」と謙一さん。奇跡的に祖父は建物の隙間に引っ掛かかり生きていた。家族みんなが安堵した。

「遠くへ逃げなくては」

 だが、それもつかの間だった。襲い掛かったのは東電福島第一原発事故。横浜で教諭として4月から働くことが決まっていた謙一さん。佳奈子さんと2人で、横浜へ避難することを決断した。「本当に着替えなど最低限の物だけを持って、一般道で12時間くらいかけて横浜へ車を走らせた」と当時を回顧した。しばらくホテル暮らしが続いた。その後、あざみ野に住み始め、学校での勤務が始まった。最初の着任あいさつ。「福島県から来ました」。そう言うと、周りはざわついた。「福島県から来たことを隠すつもりは一切なかったです」。それは、故郷で経験したことをしっかりと伝えなくてはいけないという使命感からだ。

 一方、佳奈子さんは、一時的に横浜に避難したが、その後、1年間はいわき市に戻り、働き暮らした。「震災直後にすぐ出ていくのは、なんだか故郷を捨てたような気がして。母と妹も心配でしたし」と振り返った。

 それから10年が経つ。2人は口をそろえる。「ちゃんと経験を後世に伝えなくてはならない」
 

都筑区版のローカルニュース最新6

県銘菓を一挙公開

県銘菓を一挙公開 社会

レアリア内特設ページで

5月19日号

不登校・発達障害の支援

5月28日

不登校・発達障害の支援 教育

ほめ方・叱り方セミナー

5月19日号

教職員の残業、改善へ

横浜市

教職員の残業、改善へ 教育

昨年度の取組実態を発表

5月19日号

「ロシア軍は撤退を」

「ロシア軍は撤退を」 社会

3年ぶりに平和行進

5月19日号

「避難行動計画の作成を」

横浜市

「避難行動計画の作成を」 社会

「マイ・タイムライン」認知度低く

5月19日号

将来像描く意見交換会

山下ふ頭

将来像描く意見交換会 社会

市内4カ所で実施

5月19日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook