都筑区版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

川和高山本さん 一輪車演技、全国で準V 競技歴10年の思い込め

スポーツ

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena
大会衣装を着て笑顔を見せる山本さん
大会衣装を着て笑顔を見せる山本さん

 県立川和高校3年の山本聖(せい)華(は)さん(18)が、先月静岡市で行われた「全日本一輪車競技大会ソロ演技部門」に出場し、女子高校生以上の部で準優勝を果たした。

 一輪車演技は、一輪車に乗りながらジャンプや回転技などを曲に合わせて披露。出来栄えや構成などが審査される。同大会は(公社)日本一輪車協会が主催し、1年に一度開催されている。

 高3生の山本さんにとっては、受験勉強と並行しながらの大会出場だった。出場を決めたのは「競技を辞めてしまった同世代も多い中、出るだけ出て納得できる演技をしたい」という思いから。演じたのは「競技人生10年の集大成」。これまでの挫折や一輪車が好きな思いを、歌手・島津亜矢が歌う『シャロウ』にあわせて表現した。培った表現力で「指先から感情の起伏を表せたと思う」と振り返る。

「みんなのために出る」

 小学生のときに一輪車競技を始め、現在は新百合丘一輪車クラブ(川崎市麻生区)に所属する山本さん。例年、大会前は毎日のように練習していたが、今年は受験勉強もあり2週間の短期集中だった。大会の1週間前には不甲斐なさから大会へのモチベーションが下がってしまった。それでも「いつも練習に送迎してくれる母や、ずっと見てくれるコーチ、みんなのためにもやろう」と気持ちを奮い立たせた。「もっと練習時間は確保したかったけれど、出場してよかった」。晴れやかな表情を見せる。

 今年は一輪車演技グループ「ユニサークル・フロー」のメンバーとして、アメリカのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」にも出場した山本さん。チームは準決勝まで進出し世界中に演技の魅力を伝えた。将来は「競技を続けていくと同時に、一輪車を普及するためのイベント企画や経営も学びたい」と話している。

都筑区版のローカルニュース最新6

古着リサイクルに関心

古着リサイクルに関心 社会

都筑小児童がH&M訪問

1月20日号

「子どもに楽しみ贈りたい」

地元不動産会社

「子どもに楽しみ贈りたい」 社会

年末にライトアップ企画

1月20日号

地域SNSで情報交換

地域SNSで情報交換 社会

区役所とピアッザが連携

1月20日号

正覚寺に永代供養墓

正覚寺に永代供養墓 文化

住職、世話人が開眼法要

1月20日号

整備計画の在り方は

市立特別支援学校

整備計画の在り方は 社会

「当事者抜きにしないで」

1月20日号

区内の交通安全願う

区内の交通安全願う 社会

淡島社で祈願祭

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook