都筑区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

県免許センター 高齢運転者支援を拡大 改正道路交通法に対応

社会

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県警察運転免許センター(旭区)にこのほど、高齢運転者支援室が新設された。同センターでは昨年4月に高齢者講習や認知機能検査の実施を含めた安全運転相談を行うため、高齢運転者支援係を設置。今回、人員を増やし5月13日から施行される改正道路交通法にも対応していく。

 年々増加する高齢運転者人口。試算によると、県内では2028年まで増加するとされ、75歳以上の運転者で更新の手続きを行う人は年間で現在よりも約7万人増えるとされている。

 現行の制度上、75歳以上の免許更新には認知機能検査に加え、実車指導を含めた高齢者講習が行われる。これらの講習は自動車学校や免許センターで受講する必要がある。しかし、高齢運転者の増加により、全体的に予約が取りにくい状態だった。さらに、法改正により業務内容の拡大なども踏まえ、高齢運転者支援係から高齢運転者支援室を新設。今年で団塊世代が75歳以上に差し掛かることも考慮し、職員を増やし対応を行う。

 担当者は「安全運転に必要な能力は徐々に衰え、自覚もしにくい。誰しも起こるということを前提に支援したい」と話す。

警察による技能検査追加

 5月13日に施行される道路交通法(図参照)では、75歳以上で一定の違反歴のある運転者は免許センターで警察職員による運転技能検査が義務化。段差に乗り上げた際に素早く反応してブレーキを踏めるかなど高齢者に多い事故を想定した検査を実施する。改正に伴い、高齢者講習の実車指導内容も変更される。

寺尾聰さんトークショー

 法改正に伴い、同センターでは5月12日に高齢者安全運転キャンペーンを開催。歌手で俳優の寺尾聰さんによるトークショーや県警音楽隊による演奏も行われる。午前11時から正午まで。会場は運転免許センター高齢者講習専用コース。

都筑区版のトップニュース最新6

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 社会

実験1年、月平均259回に

6月30日号

中小、非製造が回復へ

横浜市景況

中小、非製造が回復へ 経済

来期の見通しは不透明

6月30日号

つくり手と地域つなぐ場へ

川和町の建築士事務所

つくり手と地域つなぐ場へ 文化

イベント初開催、定期化も

6月23日号

都筑区は分割解消へ

衆院小選挙区区割り案

都筑区は分割解消へ 政治

川崎市宮前区と新「19区」

6月23日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 社会

市、若年層啓発に注力

6月23日号

オンライン化推進に本腰

横浜市

オンライン化推進に本腰 社会

行政手続の利便性向上へ

6月16日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook