都筑区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

【Web限定記事】横浜市 中小企業向けに脱炭素ガイドライン 6割「実行できていない」課題も

社会

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 中小企業の経営や事業活動に脱炭素化を取り入れるように後押しするため、横浜市は脱炭素ガイドラインを作成し、4月28日に公表した。業種別に取組の事例を紹介しているほか、企業の意識調査では「脱炭素化に取り組む必要があると考えているが、まだ取り組んでいない」と回答した事業者が6割に上り、課題がある実態が浮き彫りとなった。

 ガイドラインでは業種共通の取組と業種別の取組を事例を挙げて紹介している。まずは領収書や検針票で自社のエネルギー使用量を確認する方法を解説し、空調の温度設定やエレベーターの使用抑制、再生可能エネルギーへの切り替え、エコドライブの推進など省エネ対策を紹介している。また業種別では、例えば製造業の場合、製造設備の性能維持の管理や工場の断熱対策、高効率の製造設備の導入などを紹介している。

 脱炭素化・SDGsに関する意識調査の結果では、脱炭素化の必要性を感じている企業が約8割に上るものの、実行面では「まだ取り組んでいない」と回答した事業者が全体の6割だった。脱炭素化への課題に「知識やノウハウが不足している」とする回答が47%で最も多く、次いで「コスト増のための資金の捻出が難しい」が46%だった。

 市は今後、ガイドラインを活用して横浜市中小企業振興財団(IDEC横浜)、ヨコハマSDGsデザインセンターなどと連携し、中小企業の脱炭素化の支援を図るとしている。

 詳しくは横浜市のウェブサイト=https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/ondan/2022/0428chosei_press.html

都筑区版のローカルニュース最新6

ミニシティ・プラスが受賞

ミニシティ・プラスが受賞 社会

人・まち・デザイン賞

5月26日号

都筑区が4年連続1位

都筑区が4年連続1位 社会

住みここちランキング

5月26日号

念願の消防団小屋が完成

念願の消防団小屋が完成 社会

茅ケ崎南4丁目の公園内

5月26日号

平和施設へ寄付募る

物産店「沖縄宝島」

平和施設へ寄付募る 社会

5月26日号

「違憲論争に終止符を」

三谷議員

「違憲論争に終止符を」 政治

自衛隊への思い語る

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook