都筑区版
最新号:2019年3月21日号

[0]ホーム [1]地域トップ [2]地域選択


やまた幼稚園
2歳児の受け入れ開始
市、待機児童解消へ新事業
11月22日号

瀬谷区の関東幼稚園

 横浜市は12月から、区内のやまた幼稚園(東山田町)と関東幼稚園(瀬谷区)で2歳児の受け入れを始める。入園対象年齢を広げることにより、待機児童の解消につなげる狙い。スタートは2園だが、市は次年度以降に実施園を増やしていく方針だ。

 通常は満3歳からが対象の幼稚園。「国の子育て安心プラン」に基づく今回の事業により、満2歳からの利用が可能になる。

 市内の待機児童数は今年4月1日現在で63人。そのうち9割超の59人が2歳以下となっている。市では幼稚園を認定こども園へ移行させたい考えもあるが、設備や人員確保などの面からハードルは高い。そこで幼稚園の対象を広げて、待機児童対策を進める方針。市こども青少年局担当者は「育休が2年まで延長できれば、今回の事業で就学まで同じ幼稚園で過ごせるようになる」と話す。

 対象は市内在住の満2歳で、保護者の就労や疾病などで保育が必要と認定された児童。受け入れ時間や利用料は園で異なるが、8時間で月額上限5万7200円、11時間で月額上限5万8100円となる。利用希望者は各園に直接申し込む。

保育環境を整備

 12月から受け入れを始めるのはやまた幼稚園と関東幼稚園の2園。両園では2歳児のみのクラスを編成するほか、手洗い設備など年齢に適した施設修繕も行い、12月中に受け入れを始める予定だ。

 実施園には国などから運営費が、市から上限400万円までの開設準備費が補助される。さらに市では受け入れ園への研修も支援し、保育の質向上へ向けたサポートをしていくという。

 やまた幼稚園の受け入れ人数は12人。栗原弥生園長によると同幼稚園の施設見学に来る保護者などの声を聞き「2歳児からの受け入れを行う必要がある。多様な保育ニーズに応え、待機児童対策に貢献できれば」と受け入れの経緯を話す。

実施園拡大が課題

 市によると今年6月に行った事業説明会には50園以上が参加したが、12月の実施園は2園にとどまった。同局担当者はその理由を「関心は高いが、新たな事業ということで様子を見たのでは」としており、次年度以降の実施園拡大へ向け、市は個別相談などを通じて園へ働きかけていくという。

 同局担当者は「事業の意義や内容をしっかりと伝え、園や保護者にとって多くの選択肢を提供できれば」と話している。




都筑区版のトップニュース最新3件

[メモ]市議選定数5に7人か 3月21日号
[メモ]校内に手作りビオトープ 3月21日号
[メモ]家賃補助住宅伸び悩む 3月14日号

トップニュースの一覧へ

[0]ホーム
[1]地域トップ
[2]地域選択
[グッド]ページトップへ

(C) 2019 TOWNNEWS-SHA CO.,LTD.