旭区版 掲載号:2011年1月20日号
  • googleplus
  • LINE

フリーダイバー石渡さん 人を想い、己に勝つ 「目標30m」掲げ、めざす世界の海

スポーツ

07年沖縄大会でトレーニング中の石渡さん(=上/撮影・篠宮龍三選手)。本番(コンスタントウェイトウィズフィン)で当時自己ベストの20mを達成した瞬間
07年沖縄大会でトレーニング中の石渡さん(=上/撮影・篠宮龍三選手)。本番(コンスタントウェイトウィズフィン)で当時自己ベストの20mを達成した瞬間

 フリーダイビング日本代表選手として、一昨年11月のバハマ世界大会に出場した石渡素子さん(36)=川井本町在住。世界大会への再チャレンジを見据え、今年5月の日本選手権(館山市)に向けて再始動している。

 本番のブラックアウト(失神=記録なし)はゼロ。順位や結果を追わず、自己ベストを更新し続ける―。そんな石渡さんは言う。「フリーダイビングは命にかかわるスポーツ。人と比べて順位を気にするよりも、自分と向き合うことが大切」

 小学生のころから中学まで水泳一筋。趣味のスキーは競技歴30年で、アルペンでは国体予選出場も果たした。広告代理店や出版社勤務などを経て、4年前からフリーライターに。スキー関連の執筆活動の傍ら、スイミングインストラクターとして地元で幅広い世代と交流を深めている。

 フリーダイビングを始めたのは32歳のとき。元日本記録保持者で女優の高樹沙耶さんに惹かれ、直接指導を受けた。その後ハワイや沖縄などで練習を積み、国内大会で結果を出して世界への道を切り開いた。

 種目は足ヒレをつけずに素足で泳ぐ「コンスタントウェイトウィズアウトフィン」。4年前、スロベニア大会で初の日本代表を経験。09年バハマ世界大会では、出発前に突発性難聴にかかり、棄権も考えたが「楽しんできなさい」という母親の一言に背中を押された。当日は本番直前に急性胃腸炎を患いダウン。それでも女子13人中9位、21mの成績をあげることができたのは、「支えてくれた両親や(スイミングの)生徒たちのおかげ」と胸中を明かす。

 「今後も(生徒に)泳ぐ楽しさを伝えたい」。記録がすべてだった競泳時代とは違い、ライバルの失敗さえ気遣う「思いやり」がそこにはある。夢はスポーツ、執筆活動を通じて、発展途上国や国内過疎地を元気にすること。「フリーダイビングで自分の夢がかなったので、次は世界中の人の夢をかなえたい」。その視線は、海の向こうに広がる世界をそっと見つめている。
 

石渡素子さん
石渡素子さん

旭区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

今年は開花見られず

追分市民の森菜の花

今年は開花見られず

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

被害抑止へ孫の力を

振り込め詐欺

被害抑止へ孫の力を

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

五味さんが県知事賞

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク