旭区版 掲載号:2011年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

梅の花ほころび、春間近 こども自然公園で梅の花まつり

曇り空の下でも梅の花を楽しむ来場者が多かった
曇り空の下でも梅の花を楽しむ来場者が多かった

 こども自然公園(大池町)で2月19日、恒例の「梅の花まつり」が開催された。

 当日は冬の寒さが残る曇り空にも関わらず、午前中から多くの家族連れなどでにぎわった。園内の自然体験施設を管理するNPO法人こども自然公園どろんこクラブによる模擬店には行列も。園内の水田で獲れたもち米を使用した甘酒や梅おこわ、団子を味わう人の姿も多く見られた。野点や和太鼓演奏なども例年同様催され、訪れた人々の目を楽しませていた。

開花例年より遅め

 管理事務所によると、園内には鹿児島紅や八重寒紅、緑がく、無類絞りなど約38種類220本の梅が植えられている。今年は降雪などの影響で例年よりも開花は遅め。紅梅が白梅よりもやや花開いており、19日時点では7分咲き程度だという。どろんこクラブ事務局長の藤井優子さんは「梅の花は3月中旬頃まで楽しめるのでは」と話していた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク