旭区版 掲載号:2011年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

希望ヶ丘小 プルタブで10台目の車いす 市リサイクル組合から感謝状

地球ボランティア委員会のメンバーと教諭、同組合メンバー
地球ボランティア委員会のメンバーと教諭、同組合メンバー

 不要になったプルタブとアルミ缶を回収し、車いすに換えて高齢者施設などに寄贈している市立希望ヶ丘小学校(塩見幸代校長)。このほど交換台数が10台に達し、2月18日に横浜市資源リサイクル事業協同組合=神奈川区=から感謝状と記念品が贈られた。

 市内では約40校が同組合と協力し、アルミ回収に取り組んでいる。車いす1台に必要なアルミは現在約300kgで、希望ヶ丘小の10台は市内学校で最も多いという。

 同校では5年ほど前から、校内に専用ボックスを設置するなどクラス単位で回収を続けてきた。地球ボランティア委員会の委員長、三間若菜さん(6年)は、「手書きのポスターや校内放送で声がけしてきた。これからも人のためにできることを続けていきたい」と話していた。

 同校ではこれまで、希望が丘地区センターや南希望が丘地域ケアプラザなどに車いすを寄贈しており、利用者との交流イベントも同時企画している。

 同組合の金属委員会、会田篤委員長は「日々のリサイクル活動が、学校の環境教育につながってほしい」と思いを語った。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

爆弾テロに備えを

地域住民の出会いの場に

バイクで移動を支援

左近山

バイクで移動を支援

3月15日号

帷子川の様子を間近で

みなまきに雛人形ずらり

南万騎が原

みなまきに雛人形ずらり

3月15日号

4月27日に開業

二俣川駅南口新商業施設

4月27日に開業

3月15日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク