旭区版 掲載号:2011年3月24日号
  • googleplus
  • LINE

東日本大震災 旭消防隊員も現地へ 「緊急消防援助隊」神奈川県隊長に今関さん

社会

▲任務地の仙台市宮城野区で、近隣住民の避難所だった市立中野小学校の体育館。津波で流された自動車が、2階の窓を突き破って進入してきた様子がうかがえる(=3月15日)
▲任務地の仙台市宮城野区で、近隣住民の避難所だった市立中野小学校の体育館。津波で流された自動車が、2階の窓を突き破って進入してきた様子がうかがえる(=3月15日)

 3月11日に発生した、東北地方の三陸沖を震源とする巨大地震(東日本大震災)の被害を受け、全国の消防隊で組織された「緊急消防援助隊」が同日の発災直後から被災地へ派遣された。横浜市消防局からも出動し、旭消防署から6人が第2次隊のメンバーとして14日に出発。約3日間にわたり、宮城県で応援活動にあたった。

 緊急消防援助隊は95年の「阪神・淡路大震災」を教訓に発足した制度。被災地の消防力では対応が困難なほどの大規模、特殊な災害の発災時に消防応援隊が出動する。

 今回は18日時点で岩手、宮城、福島県へ全国から1558隊6099人が出動。神奈川県隊は19日時点で宮城、岩手、千葉県へ198隊780人、横浜からは18日時点で累計41隊191人が派遣された。

 旭消防署(齋藤俊彦署長)から第2次隊で出動したのは、警備担当課長の今関篤さん(54)と市沢消防出張所消防隊員の滝浦良樹さん(33)ほか同所の隊員4人。今関さんは神奈川県隊の隊長として、現地で57隊228人を統率した。

 向かったのは、仙台市宮城野区。港が近く、地震発生後30分も経たないうちに大津波に遭遇した地区だ。現地の住民によると「津波が山になって押し寄せて来た」という。

 今関さんは津波に流され、車やがれきなどで荒廃した現地の様子を目の当たりにし、「この世のものとは思えない。津波の恐ろしさを実感した」と表現した。任務だった人命検索は、結果的にほとんどが遺体収容になってしまったという。

 現地では仙台市の消防隊の指示を仰ぎ、活動した。「隊員の中には震災で家族を亡くした人や、行方不明という人もいた。自分も被災者なのに、不眠不休で救助にあたっていた」

地域のつながり、備えが不可欠

 緊急消防援助隊は2004年に発生した「新潟県中越地震」の際は、全国から480隊2121人が出動。今回の18日時点の出動数だけで、当時の延べ出動数の3倍以上にあたる。

 今関さんと滝浦さんは「逃げ遅れた多くの人が津波に流されてしまった。日ごろの準備、地域の助け合いの大切さを現地で実感した」とコメントした。
 

旭消防署の今関さん
旭消防署の今関さん

旭区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

今年は開花見られず

追分市民の森菜の花

今年は開花見られず

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

被害抑止へ孫の力を

振り込め詐欺

被害抑止へ孫の力を

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

五味さんが県知事賞

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク