旭区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

アイスホッケー現役選手で登山愛好家の経済・経営評論家 鈴木 国彦さん 中沢在住 80歳

ずっと59歳、定年なき鉄人

 ○…「若い人たちに励ましといたわりを届けたい」。官公庁や民間企業、学校などあらゆる分野の講師実績は、約15年間で数百カ所に上る。国内外で仕事に奔走する傍ら、アイスホッケーではシニア(40歳以上)世界選手権・日本代表の現役選手という一面も。元五輪代表選手ら海外の実力者がひしめくシニア界で、時速200Kmのパットが飛び交う命懸けの競技に正対する。「世界と戦うには健康と体力」がモットーだ。

 ○…東京大学卒。日本経済新聞の記者を経て、同グループの総合人材サービス会社の顧問を務めた。現場では常に「人間関係がすべて」という教訓を肌で感じてきた。記者時代から親交のあったホンダ創業者・故本田宗一郎氏の言葉「ものづくりは人づくり」「言葉は人の心」が今も生き続ける。

 ○…宮城県仙台市で育ち、旧満州・鞍山へ移り住む。旧制中学校では上級生になぐられる毎日。「今じゃ考えられないけど、負けてたまるかって」。中3のとき開拓団に動員されたが、終戦で鞍山に引き上げ、2年後に帰国。「内戦状態の現地で日本人は有害者扱い。服も食料もなくて、肌着の裏にはシラミがいっぱいだった」。過酷な生活の中で芽生えたのが「俺たちが世界に誇る日本をつくっていくんだ」という信念だった。大学時代は「ドヤ街」で仕事を探し、学費を稼いだ。「水兵の食べ残しにありつける」と横浜港のアメリカ船に乗り込み、油まみれで働いた当時をそっと思い出す。

 ○…地元旭区では旭、鶴峰ロータリークラブに在籍歴も。現在、週1回のアイスホッケーの早朝練習に加え、多忙の合間を縫って登山を楽しむ。一昨年、3000m超の北アルプスで滑落し1カ月入院の大けがを負ったが、それでも「100歳を超えても数千m級の山に登る」と夢は壮大だ。年賀状の片隅には毎年「59(歳)の挑戦」と記し、生涯現役を宣言する。「青春とは心の持ち方。年を重ねただけで人は老いないから」
 

旭区版の人物風土記最新6件

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

中野 文雄さん

旭区老人クラブ連合会「かがやきクラブ旭」の会長を務める

中野 文雄さん

2月15日号

今城 竜也さん

本村神明社で3年目を迎えたキャンドルナイトを主催した

今城 竜也さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク