旭区版 掲載号:2011年4月28日号
  • googleplus
  • LINE

AED冷静に使用を ひかりが丘コミハに設置

メーカー側(中央)の説明を受ける
メーカー側(中央)の説明を受ける

 横浜鶴峰ロータリークラブ(安藤修一会長)が2月に寄贈したAED(自動体外式除細動器)が4月21日、ひかりが丘コミュニティハウスに設置された。同施設は年間約3万1000人が利用。高齢者も多いため、設置の要望が高かった。

 当日は同クラブの会員4人をはじめ、同施設、旭区役所職員らも参加。設置したAEDメーカーの(株)日本医療器研究所の社員が講師となり、全員で使用方法の講習を行った。

 鶴峰ロータリークラブの安藤会長は「操作方法は簡単だが、いざとなると体が思うように動かなくなり、手順を間違えるのではと心配になった。定期的に講習を受け、実際の現場で落ち着いて対応できるようにしたい」と話していた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク