旭区版 掲載号:2011年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

「被災地支援 忘れないで」 釜石市出身・六串さんに聞く

社会

10月も帰郷する予定の六串さん
10月も帰郷する予定の六串さん

 「被災地の復興には相当な時間がかかる。報道が少なくなっても、被災地のことを忘れないでほしい」― 白根に建設業・総合リフォーム会社「アドバンス」を構える六串(むくし)勇治さんの故郷は、津波の被害を受けた岩手県釜石市。今年のお盆は迷わず実家に帰省した。 震災発生後に帰郷したのは4月に続き、今回で2回目だ。

 六串さんの実家は駒木町。津波に襲われたエリアとの境界線にあり、幸いにも家族、家に被害はなかった。それでも、見慣れた街並みは一掃された。故郷に到着して、一番に向かったのは釜石湾。前回訪れた時にできなかった、津波の被害者に線香を供えるためだ。更地となった街中には、お盆の時期のせいか、献花があちこちに供えられていた。「この風景が一番辛かった…」。言葉が詰まる。

 趣味でエレキバンドを組んでいる六串さん。毎年5月に「エレキフェスティバル」と題したコンサートをサンハートで開催しているが、今年は中止も考えた。だが、仲間と相談し、チャリティーコンサートとして開催。当日は約250人が参加、20万7365円が集まった。この公演は今後も続ける予定だという。

 「被災地は、先が見えない不安と、それでもやっていかなければならない現実との間に挟まれている。自分が行って何ができるという訳ではないが、今後も生まれ育った街の行方を見守りたい」
 

更地と化した釜石市(六串さん撮影)
更地と化した釜石市(六串さん撮影)

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク