旭区版 掲載号:2011年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

全国高校総体に出場し、陸上の8種競技で3位になった 岸 一輝さん 県立希望ヶ丘高校 3年生

「控えめ」だけど想いは熱く

 ○…「優勝を狙っていたが、思うように記録が伸びなかった。少し悔しさは残る」。予選を勝ち上がった高校生アスリートが集まる全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に出場。全国3位を手にしたが、目標の頂点にはあと一歩届かなかった。「緊張はあった。今まで目標だったインターハイに出場できたことは嬉しかった」と振り返る。

 ○…中学で陸上部に入部。「県で9位が最高。県以上の大会に出場したことはなかった」と話す。進学した希高陸上部は、全国大会に多くの選手を輩出する伝統校。「今まで以上に部活に熱くなれると思って」。迷わず入部を決めた。練習に明け暮れる、部活漬けの日々。平日で遅いときは、午後8時を超えることも。「友達と一緒に出かけて、放課後を思いっきり楽しんでみたいと思うことはあります。今まであまり、高校生らしく遊んだことがないんです」と笑う。

 ○…記録が伸びたとき、「自分の実力が上がった」と実感する。隣で走るライバルを追い抜いたとき、「気持ちいい」と感じる。競技は自分との戦い。「さぼっても努力しても、全部自分に返ってくる。先生に言われた”一つずつやっていこう”をいつも心に留めている」。スランプもあった。3年の春には「早く引退したい」と思ったことも。「練習は辛いし、先生は厳しいし。でも、一緒に頑張る仲間たちに支えられてきた。大会に応援に来てくれて、悩んだときはアドバイスもくれる。自分にとって、かけがえのない存在」

 ○…1年のころから塾にも通い、勉学と部活を両立させている。練習後の塾では「たまに疲れて寝ちゃいますよ」。部活を引退した周囲はすっかり受験モードに突入している。「きついなと思うことはあります。でも、陸上を続けたいっていう目標があるから」。課題は精神面を鍛えること。「いつも少し控えめになっちゃって。もっと気持ちを前に出していきたい」
 

旭区版の人物風土記最新6件

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

中野 文雄さん

旭区老人クラブ連合会「かがやきクラブ旭」の会長を務める

中野 文雄さん

2月15日号

今城 竜也さん

本村神明社で3年目を迎えたキャンドルナイトを主催した

今城 竜也さん

2月8日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク