旭区版 掲載号:2011年11月3日号
  • googleplus
  • LINE

旭美術協会 旭美展、20周年に160作品 記念賞は岩崎さん「早春の里」

文化

 旭美術協会(井口由多可会長)による「旭美展」が、10月26日から31日までサンハートで開催された。

 旭美展は、絵を通して区民に文化に親しんでもらおうと始まったもの。一般公募作品と、旭美会会員の作品が展示されている。

 今年は約160点の応募があり、36人が入賞。20回に合わせて、特別に「20周年記念賞」も設置された。受賞したのは岩崎八重子さん(73)の作品「早春の里」=写真。奈良県の風景を描いたものだ。受賞の知らせを聞いたとき、岩崎さんは「身に余る光栄で、びっくりした」と振り返る。今年5月から約5ヵ月かけて仕上げたという。

 岩崎さんは8年前から作品を出品。原風景が好きで、8年間「わらぼっち(積みわら)」を描き続けている。「これからはのんびり楽しく絵を続けていきたい」と笑顔を見せた。

 井口会長は「今年は日本画や水彩画が増え、内容も充実していた。年齢を感じさせない、力溢れる作品ばかりだった」と話していた。

 記念賞以外の受賞者は以下の通り(敬称略)。▽旭美術協会賞/富塚泉▽旭区長賞/山崎歌子▽サンハート賞/宇塚雄輔▽奨励賞/相澤敏勝、荒川眞里子、北村時夫、日下部俊之、中村貞子、平原和子、森山清▽佳作賞/赤瀬川善夫、石野千恵子、今井唯夫、内海和夫、仮屋悟、黒澤紀子、阪従佳代子、佐藤美代子、鈴木由希、関塚充、中村晴明、深谷良夫、向山京子、村松翠、山田功績▽新人賞/奥脇光子、川崎嘉子、仙波壽代子、山口ことぶき、吉村繁子▽努力賞/有賀康治、河田啓子、京坂昭子▽会友賞/近藤壽夫、佐藤佳苗
 

旭区版のローカルニュース最新6件

爆弾テロに備えを

地域住民の出会いの場に

バイクで移動を支援

左近山

バイクで移動を支援

3月15日号

帷子川の様子を間近で

みなまきに雛人形ずらり

南万騎が原

みなまきに雛人形ずらり

3月15日号

4月27日に開業

二俣川駅南口新商業施設

4月27日に開業

3月15日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク