旭区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

バスケbj ビーコル、開幕10戦で4勝 蒲谷・山田両選手 展望語る

スポーツ

横浜商大高校バスケ部出身の主将・蒲谷選手(右)と、東希望が丘ミニバス出身の山田選手。旭区ゆかりの2選手がチームを引っぱる=11月10日
横浜商大高校バスケ部出身の主将・蒲谷選手(右)と、東希望が丘ミニバス出身の山田選手。旭区ゆかりの2選手がチームを引っぱる=11月10日

 10月8日に開幕した日本プロバスケットボールリーグ・bjリーグの2011―2012シーズン。今季から新参入した神奈川初のプロチーム「横浜ビー・コルセアーズ」が4勝6敗で開幕10試合を終えた。

 これまで昨季王者の浜松に1勝3敗、埼玉と千葉、新潟に1勝1敗。レジー・ゲーリーヘッドコーチ(監督)が掲げる方針「ディフェンスを中心に、賢いバスケを40分間やり通す」を胸に、巻き返しを図る。

    ◇  ◇

 bjリーグは現在、19チーム、2カンファレンス(リーグ)制で、横浜はイースタン・カンファレンスで10チーム中8位の成績。上位進出に向けて、次回ホーム戦の11月22、23日を含めた11〜12月の戦い方がカギになりそうだ。

蒲谷主将、けが離脱

 4試合を終えた10月半ば、主将の蒲谷正之選手(シューティングガード)が練習中に右太ももを傷めて戦線離脱。「想定外。出たい気持ちは強い」という一方、「けがの間で学べることは多い。コートに立っていると熱くなってしまうが、ベンチから第三者の目で試合を見ていると、流れがつかめてくる」と前を向く。

 蒲谷選手が思い描くプレーは「ただシュートを決めればいいというだけでなく、子どもから大人まで誰が観てもお手本になるバスケ」。細かいプレーにも手を抜かず、攻撃面の凡ミスを減らして勝ちパターンがつくれるよう精度を高めていく。

流れつくる山田選手

 出場時間がチーム最多の357分という、リーグ内でも5位(11月13日時点)の山田謙治選手(ガード)。チームでけが人が続く中、「いろいろなポジションを試している」とゲーリー監督からの信頼も厚い。

 「勝てる接戦を落としている。24秒オーバータイムなど、攻撃で消極的になった結果のミスが多い」と振り返り、「引き離せるときにゴール下でボールが取れない。逆に追いかけているとき、決められるシュートが入らない。相手にやらせたいことを自分たちがやってしまっている」と分析。「負けたものは取り返せない。あと42試合、最後まであきらめずにプレーするのみ」。来週22、23日のホーム、長野戦の2連勝を誓う。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

爆弾テロに備えを

地域住民の出会いの場に

バイクで移動を支援

左近山

バイクで移動を支援

3月15日号

帷子川の様子を間近で

みなまきに雛人形ずらり

南万騎が原

みなまきに雛人形ずらり

3月15日号

4月27日に開業

二俣川駅南口新商業施設

4月27日に開業

3月15日号

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク