旭区版 掲載号:2012年2月16日号
  • LINE
  • hatena

指人形で笑顔を― いわき市豊間にプレゼント

Nさんが手作りした指人形
Nさんが手作りした指人形

 女の子やおじいさん、子ブタやネコ。軍手を使ったかわいらしい指人形はまもなく、いわき市豊間地区に送られる。作ったのはさちが丘のNさん(66)。「人形を見るとみんな笑顔になる。コミュニティーづくりに役立てば」と被災地に送ることを決め、1ヵ月かけて26体をつくりあげた。

 豊間地区は福島第一原発から約50Km離れた地点にあり、津波の被害も大きく受けた。Nさんにとっては、親戚が住んでおり、自身も何度も訪れた大切な場所。親戚を案じ、11月に豊間に足を運んだ。そこで感じたのは、コミュニティーの欠如。「他へ避難してる人もいるし、引きこもりがちな人もいる。このままじゃ地域の交流がなくなってしまう」。何かできないかと考えたとき、思いついたのが指人形。子どもが小さいころ、指人形を見せると笑顔になったことを思い出したという。

 「何かしたいと考えている人は多いと思うけど、実際に行動に移すのは難しい。これを見て、『これならできそう』って思うきっかけにしてもらえたら嬉しいですね」と話した。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク