旭区版 掲載号:2012年3月29日号
  • LINE
  • hatena

4月1日に発売される地域のレシピ集をデザイン・編集した 吉野 雄一さん 南希望が丘在住 52歳

色あせない日常を編集

 ○…「旬を楽しむ400円レシピ」は瀬谷区内の高齢者向け食事サービスで提供した、個性あふれる料理のレシピをまとめた1冊。「幅広い世代に見てほしい」とデザインはシンプルでおしゃれな雰囲気にした。地域と同じ目線で作ったレシピ集。読み手のことを考え、文字の大きさや書体、レイアウト、色味など細部にまでこだわった。仕事への姿勢は、常に「心の通った編集のお手伝い」だ。

 ○…東京オリンピックのポスターやNTTのマークなどを手掛けたグラフィックデザイナー・亀倉雄策に憧れ、デザイン業界に飛び込んだ。大日本印刷などを経て、2001年に南希望が丘の自宅で印刷・編集業務を行う「ラ・シード」を設立。行政のパンフレットやポスターなど身近な印刷物など、地域に密着した仕事も数多く取り扱っている。

 ○…多くの顧客を抱えるが、中でも学校のPTA広報誌は仕事時間の大半を占める。きっかけは4人娘の長女が通っていた善部小学校の保護者として編集作業に携わったこと。その噂が広がり、今では仕事として約30校を受け持っている。どれも子を持つ親としての立場で行っているため「請負」という感覚は一切ない。発注側と同じ目線で考え、喜んだ顔を想像しながら編集する。「子どもたちの活動や活躍を通じて、その街の活性化につながってほしい。それが4人の娘を育ててもらった地域への恩返しかな」と思いを語る。

 ○…年度末は仕事も多忙を極めるが、先日は久々の休みに南アルプスに登った。趣味の山登りは、部屋にこもりがちになる仕事のストレス解消になるそう。「これしかできない」という編集・デザインの仕事。「気づかれないかもしれないけど、紙は作り手の思いが伝わるもの。ネット社会だけど、紙はなくなってほしくない」。地域の思いをのせた数々の作品は、何一つ同じものはない。思いが込められた”紙”は決して色あせることはないだろう。
 

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク