旭区版 掲載号:2012年4月19日号
  • LINE
  • hatena

市政活動報告 「さんま」が繋ぐ被災地支援 横浜市会議員 大岩まさかず

 横浜市には3つの市場(中央卸売市場、南部市場、食肉市場)があり、市民の食を支える台所となっています。その市場の一つ「南部市場」では、震災直後から物資の直送や被災地の商品を販売するイベントの開催など支援を継続してきました。宮城県の女川町とのつながりを軸に続けてきた活動は、震災から1年を経過する現在も、続けられています。

 「横浜では風化しつつあるが、被災地には商売ができずに途方に暮れる人がまだまだいる」。市場のメンバーは、風評被害により販路が絶たれる事を防ぐために、安全が確認された商品を独自に仕入れ、販売する活動を強化しています。

 私も女川町でのボランティア(昨年7月)、南部市場での復興支援市のお手伝い(8月)、旭区民まつりでの東北物産の販売(10月)など、微力ながら協力をしており、4月22日に開催される「希望が丘フェスティバル」では、東北復興支援の募金&さんま無料配布のブースの手伝いをする予定です。

 フェスティバルに参加し、東北から仕入れた食品を食べる事が、被災地支援のみならず、商店街の活性化にも繋がる施策であり、今後とも積極的に協力していくつもりです。
 

さんまを無料配布した南部市場復興市
さんまを無料配布した南部市場復興市

大岩まさかず

横浜市旭区中希望が丘104-21 カラサワビル205号

TEL:045-442-8001
FAX:045-442-8002

http://www.minnano-yokohama.com/

旭区版の意見広告・議会報告最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク