旭区版 掲載号:2012年5月24日号
  • LINE
  • hatena

金環日食 太陽のリング キラリ 旭区でも観測 ズーラシアに2800人

社会

「見えた!」金環日食に沸く観衆=ズーラシア
「見えた!」金環日食に沸く観衆=ズーラシア

 月が太陽を完全に遮り、太陽の光がリング状に見える「金環日食」が5月21日、首都圏で173年ぶりに観測された。リングを最も美しい状態で見られる「中心食線」が通る旭区では、各小中学校で観測会が開かれたほか、よこはま動物園ズーラシア=上白根町=でも開園を午前6時に早め、観測会を実施。市内外から約2800人が来園し、世紀の天体ショーを楽しんだ。

 金環日食の当日、横浜市の天候はあいにくの雨で、空は厚い雲に覆われた。開園を早めたズーラシアには、金環日食を見ようと午前7時半までに2874人が来園した(同園調べ)。

 午前7時ごろになっても曇天で観測が心配されたが、7時半に近づくと、うっすらと太陽の光が雲間から見られるように。アカカンガルー前には大勢の来園客が集まり、日食グラス片手にその時を待った。

 「見えた!」―。7時31分ごろになると、雲の切れ間から細いリング状の輝きが一瞬現れ、あちこちで歓声が沸いた。鶴見区から来た小島好子さんは「はっきり見えた。きれいだった」と笑顔を見せ、孫のるいさんも「初めて見てびっくりした」と満足そうな表情を浮かべていた。

動物にも変化?

 同園のみどころである動物たちにも、多少の変化が見られた。金環日食の影響かどうかは断定できないが、アカカンガルーは食の最大にあたる7時34分ごろになると、急に走り出す行動が見られたという。飼育員の見解は「お客さんの歓声に驚いたせいかもしれない」とのこと。

 また、インドゾウは特に目立った様子は見られなかったというが、メスのシュリーが、普段は昼ごろに入るプールに7時40分ごろに入る様子が見られ、飼育員は「とても珍しい」と話していた。

区民も高い関心

 旭区では昨年12月から「旭区金環日食プロジェクト」を立ち上げ、関連イベントや金環日食にちなんだ菓子やパンを事業所に依頼し販売するなどしてきた。旭区役所には金環日食の観測地や日食グラスの販売場所などに関する問い合わせが相次ぐなど、区民の関心の高さもうかがえた。区職員が5月11日に調べたところ、日食グラスは区内家電量販店や書店ではほぼ売り切れの状態だったという。

 区職員は「当日は拍手が起こるなど感動的な雰囲気だった。地域でも金環日食の話題が上がり、嬉しく思う。金環日食を見た旭区をふるさとに感じてもらえれば」と振り返った。
 

金環から、やがて部分日食に=ズーラシア上空
金環から、やがて部分日食に=ズーラシア上空

旭区版のトップニュース最新6件

「ボッチャ」で交流

上白根中学校上菅田特別支援学校

「ボッチャ」で交流

12月13日号

運行情報の可視化で乗りやすく

若葉台コミュニティバス

運行情報の可視化で乗りやすく

12月13日号

シールで高齢者を見守り

横浜市

シールで高齢者を見守り

12月6日号

ダナン市職員らが授業見学

上白根小学校

ダナン市職員らが授業見学

12月6日号

50周年ボッチャで盛り上げ

14年ぶりに改定

都市マス「旭区プラン」

14年ぶりに改定

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク