旭区版 掲載号:2012年6月21日号
  • LINE
  • hatena

第2回デジタルまんが甲子園で優秀賞を受賞した 松瀬龍(りょう)さん 県立希望ヶ丘高校 2年

原点は「まんがで恩返し」

 ○…原稿用紙1ページに凝縮された、人間模様や感情、交錯する物語―。与えられたテーマに沿ったまんがで、読者が楽しめるか、共感できるかを競う「まんが甲子園」のデジタル版に初挑戦。全国160作品のうち、高校生部門で最優秀に次ぐ優秀賞を獲得した。「絵は苦手。経験も実力もないし」。画力よりもネタで勝負し、ちばてつや氏ら審査員をうなずかせた。

 ○…「ギャグネタを生み出すセンスは歴代部長ナンバーワン」。顧問の古谷範雄教諭が太鼓判を押すその資質は、読む人をいかに楽しませるか追求し続ける姿勢にある。「どんないい漫画を描いても、読者に伝わらなきゃ意味がない」。人に伝わる絵にするためには、何をすべきか。制作途中で先生や部員に作品を見てもらい、線の太さや色使いなどアドバイスを求めている。「自分の力ではできないことを指摘してもらうのはありがたいこと」と、仲間がいる部活動の醍醐味を語る。

 ○…雑誌「週刊少年ジャンプ」やTVアニメなど、幼少から漫画に触れていたが、ペンを執ることはなかった。中学時代は陸上部で、絵を描き始めたのは、高校でMFC(マンガファンクラブ)部に友人と入部してから。過去に読んで印象に残っている漫画の一つに『ヒカルの碁』がある。「碁を知らない人は多いけれども、ストーリーが面白い。ルールを知った後に読むと、さらに楽しめる」。漫画の題材やネタは、ふと思いつくことが多いという。「出てきたネタから、絵を完成させていくところに達成感がある」

 ○…漫画を描き続ける理由をこう語る。「小さいころから漫画家に楽しませてもらってきたから、これからは自分が楽しませたい」。個人戦の今大会に対し、学校として4回目の出場を目指す団体戦「まんが甲子園」(8月)は、出場校が明日22日に発表される。「自分も満足して、読者も満足させるのが夢。在学中に、これが自分の限界だと思える作品をつくりたい」
 

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク