旭区版 掲載号:2012年7月12日号
  • LINE
  • hatena

官民一体で防犯を 新聞販売所と旭署が協定

ASA・金子所長(左)と、平田旭署長
ASA・金子所長(左)と、平田旭署長

 旭警察署とASA二俣川(朝日新聞販売所・金子範生所長)が、犯罪情報の共有などを通じて防犯啓発を行う「安全・安心まちづくり協定」を6月28日、旭警察署で結んだ。

 この協定により、ASA二俣川が営業所で発行している機関紙「ASA―GAO」(アサガオ)に、旭署が提供する区内の犯罪情報を掲載する。また「防犯パトロール中」のステッカーを貼付したオートバイで、新聞配達業務を行う。

 同店は昨年10月、購読者にアンケート調査を実施。調査結果の中で、要望が最も多かった「防犯活動」に着目した。同店の従業員22人が、防犯ボランティア団体「ASA―GAOパトロール隊」を設立し、県警のホームページがきっかけで協定に至った。

 防犯ボランティア団体として、旭署と協定を結んだのは今回で4件目。ボランティアへの参加は、旭署のホームページから申し込むことができる。

 同署生活安全課は、「今後もこのようなボランティア団体が増えることを望む。どんどん参加してもらいたい」としている。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク