旭区版 掲載号:2012年7月12日号
  • LINE
  • hatena

横浜市 HEMS設置に補助 募集対象が全区に拡大

 横浜市は先月末から、電力使用量が一目でわかる家庭用エネルギー管理システム「HEMS」設置の申し込みを開始した。今年度は、募集対象を昨年度の5区から市内全18区1400件に拡大。費用面でも本体の設置に市だけでなく国からの補助も受けられるなど、負担が軽減される。

 HEMSとは、部屋ごとや時間帯別の電力使用量がモニターやパソコンで「見える化」できるシステムのこと。いつ、どこで、何に電気を使い過ぎているのかを把握し、省エネや節電行動に役立てることができる。

 横浜市は、CO2を削減し低炭素都市実現を目指す「横浜スマートシティプロジェクト」(YSCP)を推進している。HEMSを導入して市民の省エネ行動を促進する「横浜グリーンパワー(YGP)モデル事業」はYSCPの一環で行っており、2010年度に都筑区、昨年度は青葉・金沢・西・中区の4区を加え、計628件の実績がある。都筑区で導入した66件では、平均約20%の電力使用量削減につながった。市では節電効果が着実にでていることから、今年度は対象を全18区に拡大した。

費用負担が軽減

 一方で、昨年度の事業では、1000件の募集に対し、申し込みは562件。「周知不足」(市担当者)に加え、市の補助を利用しても初期費用が約8万円かかるなど、負担が大きかった。しかし、今年度は国からの補助金も併用すると、システム本体は最低1万円から設置が可能。初期費用の負担が軽減された。補助対象となるのは、横浜市民でHEMSを新たに設置する家庭。設置前後の「電力使用量のデータ提供」が義務となる。市が指定する任意の省エネ実験に参加すると補助金額が増える。

 昨年、HEMSを導入した金子邸(都筑区)では「今年の6月は昨年と比べて24%削減できました。前月や前年との電力使用量が比較できるので楽しみながら節電できています」と話す。

 市温暖化対策統括本部プロジェクト推進課は「将来に向けてのエネルギー対策につなげていきたい。各区の節電イベントなどで広報を強化していく」と話す。

 募集締切は9月28日。(問)同プロジェクト推進課【電話】045・671・4155
 

旭区版のトップニュース最新6件

「ボッチャ」で交流

上白根中学校上菅田特別支援学校

「ボッチャ」で交流

12月13日号

運行情報の可視化で乗りやすく

若葉台コミュニティバス

運行情報の可視化で乗りやすく

12月13日号

シールで高齢者を見守り

横浜市

シールで高齢者を見守り

12月6日号

ダナン市職員らが授業見学

上白根小学校

ダナン市職員らが授業見学

12月6日号

50周年ボッチャで盛り上げ

14年ぶりに改定

都市マス「旭区プラン」

14年ぶりに改定

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク