旭区版 掲載号:2012年7月19日号
  • LINE
  • hatena

高まる自衛意識 訓練会で腕競う

社会

放水する自衛消防隊=旭消防署提供
放水する自衛消防隊=旭消防署提供

 区内の自衛消防隊や消防団が消防の基本動作を競う「旭区消防操法技術訓練会」が7月2日、程ヶ谷カントリー倶楽部駐車場=上川井町=で開催された。

 訓練会は屋内消火栓操法と小型ポンプ操法の2部門に分かれており、タイムや技術の精度を競う。1チーム5人で編成され、今回は自衛消防隊12隊、旭消防団8隊が参加した。

 自衛消防隊による屋内消火栓操法・男子の部では、自衛消防隊の「日産自動車(株)日産教育センター」と「タカナシ乳業(株)横浜工場」が接戦を見せた。ともに減点もなく、計測タイムは72秒と前大会の優勝タイムより4秒早い記録を達成。結果、僅差でタカナシ乳業が優勝した。同・混成の部では「(株)相鉄ビルマネジメント二俣川営業所」が、女性の部では「社会福祉法人清正会特別養護老人ホームグリンサイド清盛」が優勝を収めた。

 小型ポンプ操法では「社会福祉法人清正会特別養護老人ホームグリンサイド清盛」が、消防団は第四分団Bチームが優勝した。

 旭消防署は「今回はどのチームも減点が少なく、正確性が優れていた。東日本大震災を機に自衛の意識が高まったのでは」と大会を振り返っていた。

 混成の部を除く自衛消防隊の優勝チームは10月に開催される横浜市大会に出場する。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク