旭区版 掲載号:2012年7月19日号
  • LINE
  • hatena

熱中症防ぐには 保健福祉大で公開講座

講師を務めた谷口教授
講師を務めた谷口教授

 熱中症予防策を学ぶ公開講座「こどもとおとなの熱中症・正しい対策と対応」が7月9日、県立保健福祉大学・実践教育センター=中尾=で開催された。

 同大主催の講座で講師を務めたのは、熱中症予防に詳しい、同大保健福祉学部栄養学科の谷口英喜教授。幅広い世代の参加者が集まり、熱心に耳を傾けていた。

 谷口教授は「熱中症はいつでも、どこでも、だれでもかかる可能性がある」と指摘。熱中症は脱水症状に伴う発汗作用の低下により、高体温になることで発症する。そのため、まずは脱水症状を予防することが大切だという。握手した時に手が冷たい、舌が乾いている時は脱水症の疑いがあると説明した。

 また、「熱中症の予防の基本は、規則正しい生活、十分な栄養・休息をとること」と谷口教授。体の保水力を高めるため筋肉を付ける、外出時に帽子を被るなど体の内側と外側からの予防も重要と話した。

 樋川芳夫センター長によると、昨年の7月から9月の間の熱中症による搬送者は全国で約4万人に上り、うち45%が高齢者、15%が子どもだったという。

 樋川センター長は、「今回の講座が、高齢化の進むこの地域への貢献につながれば嬉しい」と語った。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク