旭区版 掲載号:2012年9月6日号
  • LINE
  • hatena

農体験で国際交流 研修員らブルーベリー狩り

社会

 神奈川県国際研修センター=中尾=の留学生と研修員6人が、今川町の二宮登さんの農園でブルーベリー狩りを体験した=写真。

 海外技術研修員や留学生の宿泊施設である同センター。都市の中にある農業を体験してもらおうと、センターが企画。地元農家の二宮さんの協力もあり、今回の農業体験が実現した。

 リビアやウズベキスタン、カンボジアなどから来た研修生らは皆、ブルーベリーを食べるのも初めて。二宮さんから実の摘み方を教わりながらブルーベリーを摘み取った。介護職について学んでいるエクアドルから来たスビア・ピコ・クラウディア・マーベルさんは「甘くておいしい」と新鮮なブルーベリーを口に頬張り、笑顔を見せた。

 横浜マニラ友好委員会の委員長も務めるなど国際交流に取り組む二宮さんは「皆さんが喜んでくれてよかった。異文化を理解するには、若い人たちと交流することが大切。グローバルに交流することが世界平和につながるのでは」と話していた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク