旭区版 掲載号:2012年9月6日号
  • LINE
  • hatena

かながわエコカー大会 産業短大が2位 独自の技術競う

好成績に、笑顔のメンバー=28日、同校
好成績に、笑顔のメンバー=28日、同校

 自作の省エネ自動車を走らせて、その性能を競う「かながわエコカー競技大会」が8月11日、日産自動車追浜工場=横須賀市=で開催。旭区からは県立産業技術短期大学校=中尾=の省エネ研究部が出場し、準優勝に輝いた。

 この大会は、50ccのエンジンを搭載した車体を操縦し、時速25Km以上で特設コース10周、約16Kmを走行する競技。完走後に消費燃料を計測し、燃料消費率(1リットルあたりの走行距離)で勝敗をつける。

 7回目の今年は16団体22台のマシンが参加し、同校からは、ピンク色の「ファンシー」と黄色の「ランラン」の2台が出走。ランランはレース中にマシントラブルに見舞われ、途中リタイアしたが、ファンシーは完走し2位だった。

 ファンシーを操縦した2年生の部長、青木涼子さん(20)は「部員全員の思いが詰まったマシンをいかに長く走らせるか。プレッシャーは大きかった」とレース中の心境を語った。

 今年のマシン製作で部員たちが特にこだわったのは、部品の改良だ。「車体の軽量化はもちろん、タイヤの角度など、細部の微調整にも力を入れたことが準優勝につながった」と分析。

 また「クラッチを切り惰性(だせい)で走行させることで、燃費をよくしたことも勝因」とも話した。

 顧問の工学博士、太田元一(げんいち)氏は「丁寧な作業が結果につながる。マシン作りを通してものづくりの基本を学べたのでは」と話した。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

バリアフリー情報ムック出版

1試合20得点の先へ

明かりのもとでライブ

鶴ヶ峰

明かりのもとでライブ

12月13日号

蔵を舞台に水彩画展

瀬谷区

蔵を舞台に水彩画展

12月13日号

歳末恒例の餅つき

歳末恒例の餅つき

12月13日号

ズーラシアのクリスマス

旭 区

ズーラシアのクリスマス

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク