旭区版 掲載号:2012年9月13日号
  • LINE
  • hatena

衆院選6区 民・公・共・みんなの争いか 任期1年切り、出馬準備へ

政治

 衆議院の任期が1年を切った。政界は衆議院の解散・総選挙に向けた動きが活発になっている。神奈川6区(保土ケ谷区、旭区)では9月10日現在、現職1人と元職1人、新人2人の4人が出馬の準備を進めている。

 民主党が政権交代を果たした前回2009年の衆院選。神奈川6区は4人が立候補し、民主の池田元久氏(71)が公明の上田勇氏(54)を破り、ベテラン5期同士の接戦を制した。

 7期目を目指す池田氏は、経済産業副大臣だった昨年の福島第1原発の事故発生直後、現地対策本部長を担当。現在は衆議院厚生労働委員長を務め、今回の国会で障害者総合支援法などの法案成立に注力してきた。池田氏は「明日の安心に向けて、実行力と責任ある政治を進めていく」としている。

 公明党神奈川県本部代表の上田氏は、党首都直下地震対策本部長を務めるなど、首都圏全体の防災対策に取り組んできた。「強い経済を取り戻すための政策も、誰もが安心できる社会保障制度の構築も待ったなしの状況。その実現のために、ぶれない、責任ある政治と安定した政権が不可欠」と強調する。

 前回の衆院選でも新人が出馬した共産党は、河治民夫氏(61)を擁立。1999年に旭区から市会議員に初当選し、2期務めた。昨年4月の市議選は次点で落選している。河治氏は「増税ストップと社会保障の充実に向け、大型公共事業などを削減し、大企業や富裕層に対する税制優遇を改めるべき」と訴える。

 県内全選挙区で候補者擁立の意向を示すみんなの党は、青柳陽一郎氏(43)を5月に公認。元科学技術相の政策秘書、NPO法人役員などを務めてきた。既得権を打破する政治、行政改革などを掲げ、「しがらみなき政党、候補者として、地元6区で新しい選択肢、健全な保守の受け皿になりたい」としている。

 橋下徹大阪市長が代表の日本維新の会は9月7日、公明党と選挙協力することで合意したが、具体的な内容はまだ決まっていない。
 

旭区版のトップニュース最新6件

「ボッチャ」で交流

上白根中学校上菅田特別支援学校

「ボッチャ」で交流

12月13日号

運行情報の可視化で乗りやすく

若葉台コミュニティバス

運行情報の可視化で乗りやすく

12月13日号

シールで高齢者を見守り

横浜市

シールで高齢者を見守り

12月6日号

ダナン市職員らが授業見学

上白根小学校

ダナン市職員らが授業見学

12月6日号

50周年ボッチャで盛り上げ

14年ぶりに改定

都市マス「旭区プラン」

14年ぶりに改定

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク