旭区版 掲載号:2012年9月20日号
  • LINE
  • hatena

横浜市 家賃補助で子育て支援 低所得者世帯が対象に

社会

 横浜市は、所得が低い子育て世帯に対し、家賃を最大で4万円助成する「地域優良賃貸住宅制度」のモデル事業を始める。本来受け皿となるべき市営住宅は応募倍率が高く入居困難であるため、新たな受け皿として民間マンションの空き部屋を活用する考えだ。今年度の対象物件は100戸を予定。市は今秋、住宅見学会を開催、来年1月から入居募集を始める。



 地域優良賃貸住宅制度とは、国と自治体が家賃減額の補助金を交付し、賃貸住宅の供給を促進するもの。

 子育て世帯は、騒音や振動などの理由で賃貸物件の入居を断られるケースがある。低所得者世帯となると、さらに住宅確保の門戸が狭まる。市営住宅には未就学児がいる世帯対象の子育て優遇枠があるが、応募倍率は2010年度が27・7倍、2011年度は20・1倍と例年倍率が高い。市は「財政難で新たに市営住宅を造る計画はない」としており、受け皿が足りない状態だ。

 そこで市は、市営住宅のような比較的安い家賃を望む、低所得者世帯向けの住宅対策を2010年度から検討してきた。今回の制度の対象は、月収21万4千円以下で、小学校修了前の子どもがいる世帯。市と国から合わせて最大4万円の家賃補助がある。

 市は今年度、モデル事業として市営住宅の管理などを行っている市住宅供給公社と連携し、年内に補助対象のマンションを決定する。物件は徒歩1Km以内に小学校が、徒歩20分圏内には小児科があるといった周辺環境に配慮する。

 耐震基準や立地環境から補助前の家賃は10万円前後を想定。市営住宅に比べ家賃は高くなるが、市によると「市内で耐震基準を満たす築20年以上の物件は、家賃10万円前後が相場」と話す。市は2013年度までに400戸を確保。それ以降は市住宅供給公社以外にも民間賃貸業者との連携を目指し、対象物件を増やしていく。

 今回、新たに建物は造らず既存マンションを生かすため、市は空き家対策にもつなげたい考えだ。市住宅供給公社が扱う賃貸物件の空き家率は、2010年度12・1%、2011年度14%、2012年7月末現在14・3%と上昇している。

旭区版のトップニュース最新6件

「ボッチャ」で交流

上白根中学校上菅田特別支援学校

「ボッチャ」で交流

12月13日号

運行情報の可視化で乗りやすく

若葉台コミュニティバス

運行情報の可視化で乗りやすく

12月13日号

シールで高齢者を見守り

横浜市

シールで高齢者を見守り

12月6日号

ダナン市職員らが授業見学

上白根小学校

ダナン市職員らが授業見学

12月6日号

50周年ボッチャで盛り上げ

14年ぶりに改定

都市マス「旭区プラン」

14年ぶりに改定

11月29日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク