旭区版 掲載号:2012年9月20日号
  • LINE
  • hatena

ライフル射撃「ビーム・ピストル」で岐阜国体に出場する 塚田望美(のぞみ)さん 県立旭高校2年 17歳

銃身に「負けず嫌い」込め

 ○…ビーム・ピストルは立って銃を片手に構え、制限時間内に光線で10m先の標的を撃ち、得点を競う競技だ。4月の関東大会県予選、5月の総体県予選にビーム・ピストルで出場してそれぞれ優勝。7月に国体強化選手に選ばれ、8月末の関東ブロック大会予選で4位に入り、繰り上がりで国体出場の3人枠に滑り込んだ。「3人の中では最下位なので自信はないけど、自分のベストを出し切りたい」。全国の舞台を前に、気持ちを新たにする。

 ○…母親も旭高校のライフル射撃部出身で、同世代に日本一の選手もいる伝統校だ。高校では「他校にない、珍しいことをやりたい」と同部へ。長い銃身を両手で支えるライフルが競技の基本、という部の考え方があり、ライフル一筋だったが、先輩の影響で今春からピストルもやるように。5月の総体県予選はビーム・ライフルでも出場し、約50人の中から上位8人が進めるファイナルに6位で進出。10発を撃ち、最後の1発が満点の10点か9点なら本戦が射程圏内だったが、8点で惜しくも逃した。「1年に1回しかないチャンス。悔しかった」。敗北を乗り越え、次の舞台を見据える。

 ○…ライフル射撃とは「自分が本気で打ち込めるもの」。ライバル、特に同世代に負けたくないという気持ちが向上心の源だ。中学2年の頃まで没頭したそろばんが「負けず嫌い」と、競技に不可欠な「集中力」を育んできた。部活では集中力を高めるために、座禅を組むことも。ライフルの練習場は校舎の廊下で、ピストルは機材がないため横須賀市の射撃場に通う。不十分な環境でも、目標を持って地道な努力を続ける。

 ○…8月の関東ブロックではエア・ピストルで国体に出場するロンドン五輪代表・松田知幸さんと偶然出会い、撃つときの姿勢など直々にアドバイスをもらうことができた。「国体で再会できるのが嬉しい」。決戦は10月3日。結果にこだわり、やれることをやり尽くす。

旭区版の人物風土記最新6件

田中 朋子さん

バリアフリー情報マガジン「enjoy ist。かながわ」の制作委員会代表を務めた

田中 朋子さん

12月13日号

小川名 慎吾さん

旭区発の芋焼酎の原料であるサツマイモを生産する農家の一人

小川名 慎吾さん

12月6日号

河野 航大さん

星槎全国生徒会の会長を務める

河野 航大さん

11月29日号

富岡 宏さん

「横浜旗士道」の代表として各地で活躍する

富岡 宏さん

11月22日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍する

天野 純さん

11月15日号

小澤 一久さん

ヘアカット・アレンジメント講習会で講師を務めた

小澤 一久さん

11月8日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク