旭区版 掲載号:2012年12月13日号
  • LINE
  • hatena

自家製米 味わう 南本宿小 稲作体験終える

教育

 市立南本宿小学校で12月1日、「南本ふれあいフェスティバル」が開催され、児童らが育てたもち米から作った餅が振舞われた。

 同校と万騎が原小学校では毎年、こども自然公園で稲作体験を行っており、今回使用されたもち米は10月に児童らが収穫したもの。今年は天気にも恵まれ、出来も上々だったという。当日は地域住民や児童が「よいしょ!よいしょ!」と掛け声に合わせて、元気よく餅をついた=写真。

 6年生の児童は「稲作で命の大切さを学んだ。今年で最後だから味わって食べたい」と話した。稲作体験に協力した水田指導員には、児童から稲わらで作った人形と感謝状が贈られた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク