旭区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

菜の花プロジェクト 心の支援で「忘れない」 大槌町・金山さん 中尾小に

教育

オリジナルの応援歌を歌う児童(上)と拍手を送る金山さん
オリジナルの応援歌を歌う児童(上)と拍手を送る金山さん

 東日本大震災の発生から間もなく2年。市立中尾小学校5年生は、震災の被害を受けた岩手県大槌町で暮らす金山文造さん(64)との交流を続け、「自分たちにできること」をテーマに支援を続けている。1月22日には、同校に金山さんが来校し、念願の対面を果たした。

 津波の大きな被害を受けた岩手県大槌町。荒れ果てた大槌川の河川敷を菜の花畑にしようと立ち上がったのが、金山さんだ。その姿に共感した人が集まり発足した「菜の花プロジェクト」は、現在も進められている。同校5年生は前年度、総合的な学習の時間を使って募金活動などを通して活動を支援してきた。

 5年生に進級してからも、児童からプロジェクトを継続したいという声はやまなかった。その声を金山さんに届けたところ、「心の支援が欲しい」という言葉が返ってきた。児童たちはそれに応じようと、物資ではなく心の支えとなるような支援を考案。そんななか、金山さんの来校が決まり、児童たちは「自分たちにできること」をテーマに考えた「心の支援」を発表することになった。

 「わー!金山さんだ!」。体育館入口から金山さんが見えた途端、歓声がわいた。児童らは花道を作ってお出迎え。緊張した表情の司会役の児童の進行で、発表が行われた。今回、児童らは7グループに分かれ、菜の花をテーマにした紙芝居や、菜の花を使ったレシピなどを発表。大きな布に「絆」という文字をクロスステッチで縫った「刺繍グループ」の児童は「1針1針、『頑張って』という思いを込めて縫った。ずっと応援しています」とメッセージを送っていた。

 最後は「応援歌グループ」による歌が披露された。「未来へ」と題した応援歌は、児童が作詞・作曲したもの。「どんな事があってもわたしたち応援しているよ/笑顔と勇気になる夢乗せたエールを送るよ/だから希望をもってみんなと未来へ」―。子どもたちの思いが詰まった歌に、金山さんは立ち上がり、じっくりと聴き入っていた。「いい歌だった。感動した」と口を開き、大きな拍手を送った。

「ずっと応援したい」

 発表後、金山さんは「時間が経つと震災のことは忘れられてしまう。だからこそ心の支援が欲しかった。自分たちでやったことはきっと忘れない。支援する側も、される側も、忘れないことがいちばん大事」と子どもたちに優しく語った。

 退場するときには、子どもたちが金山さんを囲み、もみくちゃになる場面も。松本翔君は「金山さんは優しくて、話しやすい人だったし、僕たちの話もしっかり聞いてくれてうれしかった。これからもずっと応援したい」と話していた。

 金山さんは「子どもたちに力をもらい、『感謝』の2文字しかない。復興は表面上には見えづらいが、被災地では一丸となって人が動いている。東北の『粘り』の気質で活動を続けていきたい」と語った。
 

旭区版のトップニュース最新6件

花と緑の祭典始まる

ガーデンネックレス旭区会場

花と緑の祭典始まる

3月29日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

8年ぶりに全国出場

東希望が丘ミニバス女子

8年ぶりに全国出場

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

今年は開花見られず

追分市民の森菜の花

今年は開花見られず

3月15日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク