旭区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

市政レポート せつまが語るNo.27 医療拠点と空き家対策 予算化へ

 横浜市会では本日2月28日から、2013年度予算の審議がいよいよスタートします。

 昨年9月の本会議では、災害時における負傷者の重症度に応じた診療体制と、空き家・空き地の活用方策も含めた総合的な政策について一般質問し、林市長から回答を得ました。

 この2つの事業については、来年度の予算化に向けて総仕上げに取り組んでいる真っ最中です。

医療体制 充実へ

 今回はまず、一つ目の防災医療拠点について詳しくご紹介します。

 これまでの防災計画では、災害時の重傷者は市内13カ所の災害拠点病院に搬送し、その他は小学校などの地域医療救護拠点で応急救護を行うことになっていました。医療救護隊の医師からは「慣れない場所や医療器具で診療するよりは、自らの診療所で負傷者を受け入れた方が効果的」との提案をいただきました。

 地域医療救護拠点を中心とする診療体制には限界があります。負傷者の重症度に応じた医療提供体制を細分化するなど、今回の防災計画の見直し検討で改善、工夫すべきと考えました。

医師の力 最大限に

 それを踏まえ、【1】医薬品など限られた医療資源を無駄にせず、効果的に運用できること【2】被害がより大きな地域に、医療隊を機動的に配置できること【3】医師が普段使い慣れている医療環境、道具で処置できるメリットを最大限に発揮できること――という3点を実現するために、現行制度の改正を市に要請したのです。

 その結果、重症者の方以外は被災を免れた病院や診療所で受け入れてもらうために、医療機関の新たな役割を位置付けていく方針が、防災計画の中で新たに示されました。

 地域防災拠点等での避難者への応急処置は、医師会等による医療救護隊や市外から駆け付けた医療チームの協力を得て対応します。

 今後の課題は、この制度改正についての周知をしっかりと徹底することです。市民の皆さんに、改正内容が理解、認識されるように、市民目線を常に心がけ、引き続き取り組みを強化してまいります。
 

横浜市会議員 いがらし節馬

横浜市旭区東希望が丘13

TEL:045-362-6557
FAX:045-362-6557

http://www.setsuma.net

旭区版の意見広告・議会報告最新6件

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク