旭区版 掲載号:2013年2月28日号 エリアトップへ

「関東地区高校放送コンクール」ビデオメッセージ部門で「優良賞」に輝いた 後中田(ごちゅうだ)孝章(よしあき)さん 中白根在住 白山高校2年

掲載号:2013年2月28日号

  • LINE
  • hatena

「驚き」作り自己表現

 ○…「実感がわかないですね。他人事みたい」。1月27日に開催された「関東地区高校放送コンクール」ビデオメッセージ部門に県代表として出場し、3位に相当する「優良賞」を受賞した。郷土に関する話題を5分間の映像にまとめる課題に対し、「鎌倉」を選択。「中学の時に父親に連れて行ってもらった、街と自然が調和した鎌倉の壮観な姿を伝えたかったんです」

 ○…発想力で勝負した。街の歴史や企業を取り上げたドキュメンタリー作品が多かった他校に対し、ひとりの高校生がスマートフォンを片手に鎌倉をツアー形式で紹介する作品に仕上げた。場面の切り替えには襖の閉まる画像を、所々にオリジナルの効果音を加えるなどの工夫を加え、「見ていて楽しい」映像を目指した。「みんなを驚かせたかったんです。『あいつ、こんな奇抜なことをやるのか』と自分を認めてもらいたかった」と笑顔になる。

 ○…作品づくりの原動力となったのが強いハングリー精神だ。物心ついたときから絵を描き、中学校入学後はクラシックやジャズなどの音づくりに励んできた。「どちらも他人からの評価を得られずにやめてしまった。その時、ものづくりをしていない自分がいかに無気力かを実感しました。芸術に飢えていた」と振り返る。活力を取り戻すために選んだのが映像づくり。友だちに誘われたこともあり、1年前に高校の「放送愛好会」に入部。自己表現できる場を取り戻した。「映像はいままでやってきた音楽などの経験、自分の感性をフルに生かせる。今では毎日、映像のことばかり考えています」

 ○…目指すは皆が「圧倒される」作品を作ることだ。大切にするひらめきを生むために、映画や音楽などに触れ、インプットを増やす日々を送る。「モヤモヤした状態からアイデアが生まれるのが楽しい。ずっと”芸術家”でありたいですね。表現手段は映像以外でもいい。芸術は自己表現ですから」
 

旭区版の人物風土記最新6

及川 伊東志さん

神奈川の名工と称される「神奈川県卓越技能者」に選ばれた和裁士で、県和服裁縫協同組合の理事長

及川 伊東志さん

白根在住 66歳

11月25日号

菅原 康太さん

左近山団地で住民対象の撮影会「左近山とわたし」を開催している写真家

菅原 康太さん

栄区在住 40歳

11月18日号

青木 保潔(やすゆき)さん

(公財)日本補助犬協会の理事で、盲導犬ユーザーでもある

青木 保潔(やすゆき)さん

矢指町在住 58歳

11月11日号

新川(にっかわ) 敬一さん

「かながわFARM21発表会」農業青年主張の部で県知事賞を受賞した

新川(にっかわ) 敬一さん

今宿南町在住 29歳

11月4日号

沼田 真一さん

「あさひブックデイ」を主催する旭区まちづくりポットの代表を務める

沼田 真一さん

鶴ヶ峰在住 43歳

10月28日号

岩崎 泉さん

「ようちえんカフェ&マルシェ」を主催する上白根幼稚園の園長

岩崎 泉さん

上白根在住 64歳

10月14日号

横浜市中区日本大通9番地

弁護士による無料交通事故相談と無料の示談あっせん制度

https://www.kanaben.or.jp/consult/by_content/consult25/index.html

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook