旭区版 掲載号:2013年4月18日号
  • googleplus
  • LINE

今宿地域ケアプラザ 「音楽喫茶」で利用者増 寄付の音響 男性惹きつけ

社会

 ジャズやクラシックなどをバックに、コーヒーを提供する横浜市今宿地域ケアプラザ=今宿町=の交流イベント「音楽喫茶」=写真。月1回のイベントには毎回約60人が訪れ、男性利用者は約4割を占める。旭区内11カ所あるケアプラザは共通して男性利用者の少なさを課題に挙げているが、この取り組みは施設の周知だけでなく、男性利用者の増加にも一役買っている。



 部屋に広がるのは、ドイツ製のスピーカーなど大型音響機器から流れる音と、喫茶店の現役マスターがいれたコーヒーの香り。1杯200円のコーヒーは、利用者の来館のきっかけにもなっている。レコードと音響機器は寄付によるもので、地域の回覧板などで募集すると開始1カ月で600枚のレコードと7台のステレオが集まり、現在レコードは千枚を超える。自治会のポスターで知って以来、毎月通っているという菅野弘道さん(71)は「家と違って大きな音で聴けるし、なにより皆で聴くのが楽しい」と笑顔を見せた。

 旭区には現在11カ所のケアプラザがあるが、旭区福祉保健課担当者によると、共通して女性の利用率が高い一方で男性の利用促進が課題の一つだという。今宿地域ケアプラザ(澤木友章所長)が毎月開催している「くつろぎカフェ・音楽喫茶」も、中高年男性の利用促進をねらって企画されたものだ。実際に、体操教室などでは男性が全体の約1割程度なのに対し、同事業では4割にのぼる。また同館によるとそのほとんどが「初めてケアプラザに足を運んだ」という人だという。

 澤木所長(68)は「介護などのイメージが強いかもしれないが、それだけではなく地域交流のための場所でもあるということを知ってもらい、気軽に足を運んでもらえたら」と話す。

旭区版のトップニュース最新6件

花と緑の祭典始まる

ガーデンネックレス旭区会場

花と緑の祭典始まる

3月29日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

8年ぶりに全国出場

東希望が丘ミニバス女子

8年ぶりに全国出場

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

今年は開花見られず

追分市民の森菜の花

今年は開花見られず

3月15日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク