旭区版 掲載号:2013年4月18日号
  • googleplus
  • LINE

あす、開園する「アフリカのサバンナ」エリアの鳥類・展示飼育係リーダーを務める 菊池 博さん よこはま動物園ズーラシア勤務 48歳

「種の存続」追求する飼育者

 ○…「メッシュで作った特殊な網やガラスを使い、間近で動物を見られるようにしてあります」。鳥類、哺乳類約20種の動物たちが生活する、ズーラシア「アフリカのサバンナ」エリア。主に鳥類を見る飼育係のリーダーとして今年1月から飼育室の整備にあたってきた。「横浜市が考えた構想に対して、動物たちが快適に暮らすための準備、工夫を重ねてきました」。動物を一番近くで見守る立場としての自信を込める。

 ○…飼育担当の使命は動物の「種の存続」と考える。飼育室を隅々まで観察し、その部屋に入る動物のために「何が」必要かを見て改善を加えていく。「寒さを防ぐための風除けや水道設備を追加してもらいました。動物たちが生活しやすい”野生”を作ることが大切」と話す。環境を整えることは、動物の心を落ち着かせ、繁殖を成功させることにつながるからだ。「ジャングルを管理するのは本当に難しい。お客さんに”野生”で暮らす生き物の姿を見てもらいたい」

 ○…幼い頃から鳥と共存してきた。「宮崎の田舎生まれなんです。文鳥やうずら、亀など数え切れないほど動物を飼ってきたことがきっかけかな」と動物と触れ合う仕事に就いた理由を自己分析する。休日も”鳥づくし”だ。北海道から九州まで足を運び、バードウオッチングや鳥に発信機をつけ、その生息を探る日々を送る。「鳥がどういう暮らしをしているのか知りたいんです。種を保存するための答えがあると思うから」。この鳥を探る探究心が”飼育者”としての原動力となっている。

 ○…ムードメーカーでもある。明るくユーモアたっぷりの言葉で、エリア内で働く飼育員を盛り上げ支える役割を担う。20代の若いメンバーが多いなか、「仲間」として接しながらも経験を伝え成長させている。「このチームで、この場所で鳥類の繁殖事例を作りたいですね。日本初のものであれば最高です」

旭区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

野口 晃希(こうき)さん

三重県で開催された「第9回伊賀流手裏剣打選手権大会」で3位に入賞した

野口 晃希(こうき)さん

3月22日号

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク