旭区版 掲載号:2013年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

ベルギーで作品展を開催した画家 松下 辰枝さん 今宿町在住 61歳

流れついた先に、最良の道

 ○…一昨年、フランスの展覧会「サロン・ドートンヌ展」に出展した作品が、ベルギーでギャラリーを営むオーナーの目にとまった。「気に入った。動きがあってイキイキしている」。その場で作品展の話が進み、今年3月末から約1カ月間、ベルギーで娘との二人展を開催した。「センスのいい人たちにも出会えて良い経験になった」。今までもパリで作品展を開くなどしてきたが、今回も大きな収穫を得ての帰国となった。

 ○…印刷工場を改装したギャラリーでは、毎年春と秋に、オーナーが集めたアンティーク家具と一緒に絵画などを展示する作品展を開催している。自身は普段からテーマとしている草花を、娘は動物の絵を描き、合計約30作品を出展。日ごろ描く絵は「半抽象的」な作品が多い。初期のころは、誰が見ても「花」とわかるような絵を描いてきた。だが、「対象の感動をいかに伝えるか」。自己主張を加えていくうちに今のスタイルに。「自分が『いいな』と思ったものを表現できるのが絵の魅力」と話す。

 ○…元はファッションデザイナー志望で、服飾の専門学校を卒業した。22歳のときに結婚し、建築関係の仕事に就く夫の転勤に伴い、日本各地を転々とする生活に。そのときに趣味で参加したのが、近所の絵画サークル。はじめは自分の絵に納得がいかなかった。それでも、「時間をかけて、やろう」。以来、子育て中も合間を縫って絵を続け、28歳のとき、長女をモデルに描いた絵が山梨県展で見事初入選を果たした。

 ○…自宅で開く絵画教室では、子どもが描く絵にハッとさせられる。「本当にのびのびしていて。『いい絵を描こう』じゃなく、自己表現の場にしてもらいたい」と微笑む。昔は画家になるなんて思ってもいなかったが、「どうしたら最良に生きていけるか」を考えた結果、今の自分がある。「いろんな出来事があるけど、逆らわないで楽しく、素直に生きていきたいですね」

旭区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

野口 晃希(こうき)さん

三重県で開催された「第9回伊賀流手裏剣打選手権大会」で3位に入賞した

野口 晃希(こうき)さん

3月22日号

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク