旭区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市医師会の会長として会員をまとめる 古谷 正博さん 横浜市在住 62歳

愛着ある「ハマ」を元気に

 ○…「ハマで生まれ、ハマで育った。愛着ある横浜のために役立てるのは光栄」。郡市区の単位では全国で最大となる横浜市医師会。会員数は約3800人。その会長に4月1日付で就任した。「ずしっと、重い責任を感じる。偉そうなことは言えないが、外から求められていることは多い。市民のため、人のためにがんばりたい」。柔らかな物腰の中に、確かな熱意がこもる。

 ○…整形外科医の父を見て育つ。学生時代はラグビーに打ち込んだスポーツマン。「中学3年生のときから始めた。人数が足りないという理由で半強制的にね」と笑う。それでも大学まで続けたほど熱中した。専門とする整形外科は、ラグビーから高じたスポーツ好きと父の影響から。「ケガなどを扱う外科系がいいと思っていた」。父親の面影を追ったスポーツ少年は、生まれ育った鶴見区潮田で整形外科医院を開業した。

 ○…自院の診療に、会長としての会議や打ち合わせ、就任以降、分刻みのスケジュールが続く。医師会の会議は、診療が終わった夜から始まるため、「夕食を家で食べることが減った」。困り顔で苦笑する。日本ラグビーフットボール協会メディカル委員会の委員長も務めており、土日も多忙。「ウチにいないから妻に怒られているよ」

 ○…国が在宅での医療や福祉に転換を始めている今、「地域で受け入れる環境整備をしていかないと厳しい」と危惧する。「いろいろな職種と協力して、医療という面から地域でリーダーシップを発揮していく」。課題解決へ意気込みは十分だ。加入が義務ではない任意団体の医師会だが、会員数は増えているという。会員は、学校や保健所での健診から災害時における救護など、個別の通常業務とは別に、さまざまな仕事を掛け持つ。「医療の立場から市政との関わりも多い。ありきたりだけど、みんなで力を合わせて、市民のために活発な活動をしたい」。横浜の元気を支えていく。

旭区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

野口 晃希(こうき)さん

三重県で開催された「第9回伊賀流手裏剣打選手権大会」で3位に入賞した

野口 晃希(こうき)さん

3月22日号

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク