旭区版 掲載号:2013年9月19日号
  • googleplus
  • LINE

活動21年目のボランティア団体「今宿東町老人昼食会」の代表 深井 テルさん 今宿東町在住 93歳

「余った時間」誰かのために

 ○…65歳以上の1人暮らしと75歳以上の高齢者を対象に、配食と会食のボランティアを続けて21年。月1回の昼食会には一度に約100食を用意する。「何もないと高齢者は閉じこもりがち。皆で食事をしたり、食事を届けたりすることが一つのつながりになる」。孤立を防ぐため、人のために始めたことだが、「毎月楽しみにしてもらえてるって聞くと、やっぱり嬉しい」。はきはきと明かす。

 ○…昼食会は1984年に連合町内会単位で始められたが、会場が確保できず継続が難しくなっていた。「このまま消しちゃいけない。せっかくの場所なんだから」。民生委員として地域を回っていた70代前半。規模を縮小して町内会で代表となり、活動を再スタートさせた。「参加者、ボランティア、みんな一緒に年を重ねてきた」。現在は約40人のメンバーをまとめる。

 ○…生まれ育ったのも今宿。子どものころは自宅から都岡小学校までの約1Kmの間に家は3軒ほどで、他には畑しかなかった。毎日作文の添削をしてくれる担任の先生に憧れ教師を目指すが、中区の師範学校では都会との学習レベルの違いに驚かされた。教師になると「若いころは、おっかない先生だったと思う。田舎の教育を変えたくて必死だったのよ」。15年間勤めた都岡小での教え子は近所に多く、昼食会の参加者の中にもその姿がある。「未だに先生って呼ばれるの」。鬼教師の姿は想像できない穏やかな笑顔を見せる。

 ○…当時少なかった女性校長を9年間務め、その傍ら女性教員の地位向上のために団結して奔走したことも。現在は全国退職女性校長会の会長という顔も持ち、全国にいる戦友と顔を合わせるのが年に1度の楽しみ。身体は強い方ではないが、84歳の時には乳がんの手術も乗り越えた。人の支えで自分の力以上に長く生きられていると感じている。「余った時間があるなら、人のために使うのが適切なのよ。生涯学びながらね」

旭区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

野口 晃希(こうき)さん

三重県で開催された「第9回伊賀流手裏剣打選手権大会」で3位に入賞した

野口 晃希(こうき)さん

3月22日号

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク