旭区版 掲載号:2013年9月26日号
  • googleplus
  • LINE

左近山小 校歌・校章が完成 児童や地域で作成

教育

 今年4月に開校した市立左近山小学校(地口朝美(ともみ)校長)の校歌と校章が完成した。児童らが考えた原案をもとに、作曲家・三島亜紀子さん(32)=今川町=とデザイン業に携わる吉野雄一さん(54)=南希望が丘=が作成した。

◇◇

 児童数減少により、市立左近山小高、左近山第一、左近山第二小学校が統合され開校した同校。開校直後から職員や地域住民らによる校歌・校章作成委員会が発足、6月末には児童らに校歌に入れたいフレーズと校章のデザインを公募していた。集まったフレーズを委員会でまとめ、若葉台小学校の校歌も手掛けた三島さんが作曲した。三島さんは「歌詞を見て子どもたちがキラキラした表情で歌っているのが想像できた。楽しんで歌ってほしい」とミドルバラード調のメロディを完成させた。

 校章は左近山第一小のPTA広報誌などを手掛けていた、印刷・編集業務を行う「ラ・シード」代表の吉野さんがデザイン。左近山地区に咲く桜と葉をモチーフに、3校が統合されたことを表現する校章になった。吉野さんは「オーソドックスな中にも、子どもたちからのメッセージを表した。校章のもと、子どもたちの笑顔が続けば」と思いを語った。

 9月18日には、完成記念として児童が校章の人文字をつくり、航空写真が撮影された=写真上。地口校長は「児童、保護者、地域が一緒になりつくることができた。シンボルがあるとより結束が深まる。学校としても頑張っていきたい」と気持ちを新たに意気込んだ。

完成した左近山小の校章
完成した左近山小の校章

旭区版のトップニュース最新6件

花と緑の祭典始まる

ガーデンネックレス旭区会場

花と緑の祭典始まる

3月29日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

8年ぶりに全国出場

東希望が丘ミニバス女子

8年ぶりに全国出場

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

今年は開花見られず

追分市民の森菜の花

今年は開花見られず

3月15日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク