旭区版 掲載号:2013年11月7日号
  • googleplus
  • LINE

太鼓祭で全国優勝した創作和太鼓集団「打鼓音」の代表を務める 渡邊 晃伸さん 瀬谷区在住 43歳

和太鼓が生む、心の成長

 ○…「日本一は通過点で、目標ではない。メンバーの可能性をもっと伸ばしたい」。日本一を決める太鼓祭で、2年ぶりに頂点に返り咲いた。大会に参加し始めて5年。常に上位に君臨するプレッシャーは相当なものだ。安堵感からか、結果発表後は涙を流すメンバーも大勢いた。「勝つための演奏ではなく、応援してくれる人たちに打鼓音らしい演奏を届ける」。純粋な無欲が勝利を招いた。

 ○…旭区若葉台の星槎中学・高校を拠点に、演奏活動や太鼓教室を開催する打鼓音。今年は初めてステージに上ったが、日ごろは事務や経理、演奏会の調整、太鼓の指導など裏方に奔走する。前身の部活動を経て、NPO法人として7期目。演奏依頼も多く全国を駆け巡るが、はじめは事業として存続させることに頭を抱えた。やがて、地元周辺での演奏活動など地道な活動から名が知られるように。「地域の方々には本当に感謝。日本一になれたのも地元の応援があってこそ」

 ○…元は星槎高校の美術教諭。サイパンの姉妹校との文化交流で披露した和太鼓が部活動発足のきっかけに。顧問だった当時から、和太鼓の「力」を感じていた。不登校や非行化傾向などさまざまな問題を抱えた生徒がいたが、真剣に向き合い聴衆を感動させることで、心に大きな変化が生まれたという。「太鼓をやれば、絶対変わる。教育の中に位置づけた和太鼓を広めていきたい」と力強く語る。「太鼓を仕事にしたい」と訴えたのも教え子。そんな元生徒は、今では片腕を担う頼れる仕事仲間だ。

 ○…憧れていた団体名入りのマイクロバスをこの夏、手にした。「バスで旅しながら、全国で演奏活動したい」と笑顔を見せる。苦難もあったが、「夢は見るものではなく、つかむもの」という信念のもと、日本一の称号や全国公演など大きな夢も着実に実現させてきた。和太鼓の力で成長させるという新たな教育。自分にしかできない仕事を見つけた。

旭区版の人物風土記最新6件

宮崎 辰夫さん

「鉄道小説大賞」で大賞を受賞した

宮崎 辰夫さん

3月29日号

野口 晃希(こうき)さん

三重県で開催された「第9回伊賀流手裏剣打選手権大会」で3位に入賞した

野口 晃希(こうき)さん

3月22日号

辺田(へだ) 義雄さん

「第12回大人の塗り絵コンテスト」で入選した

辺田(へだ) 義雄さん

3月15日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

3月8日号

迫(さこ) 祐子さん

「どんぐりマルシェ」を初開催する、どんぐりの輪の代表を務める

迫(さこ) 祐子さん

3月1日号

伊澤 万樹(しげる)さん

旭区体育協会の会長を務める

伊澤 万樹(しげる)さん

2月22日号

4/4家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

約千本が咲く桜山

旭区

約千本が咲く桜山

こども自然公園

4月7日~4月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク