旭区版 掲載号:2014年2月20日号
  • googleplus
  • LINE

火災想定し、避難誘導 旧がんセンターで訓練

社会

 神奈川県立がんセンター=中尾=の旧施設で2月7日、旭区役所職員や区内保育園、地区センターなどの職員約50人を対象とした火災時初動対応訓練が実施された。

 がんセンターは昨年11月に新施設が開院。旧施設は2月で取り壊しとなるため、市内の消防隊などが訓練を行っている。

 火災発生時の施設利用者への避難誘導を想定し、煙体験訓練を実施=写真。病棟内にスモークマシンによる煙を充満させ、火災報知器のベルを鳴らすなど実践的な訓練が行われた。

 区危機管理担当は「今回の訓練を生かして、より安全な施設運営を心がけてほしい」と訓練を振り返った。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク