旭区版 掲載号:2014年2月27日号
  • googleplus
  • LINE

命の重み知って 南希中で性教育

教育

赤ちゃんをあやす生徒
赤ちゃんをあやす生徒
 思春期の子どもたちに性への正しい知識を持ち、いのちの重みを知ってもらおうと、南希望が丘中学校で2月24日、3年生を対象に性教育が行われた。

 同校では毎年、卒業を控える3年生に性教育を実施。今年度は助産師の張ヶ谷智子さんが講師を務めた。

 張ヶ谷さんは、思春期における男女の体の変化や、妊娠に至る過程、性感染症などについて具体的に説明。張ヶ谷さんが実際に相談を受けた高校1年生で妊娠・中絶を経験した女子高生のエピソードなども紹介し、子どもを産み育てることに対する責任感を訴えた。最後には「思春期は子どもから大人になる分岐点。自分自身や他の人を大切にして」と語りかけた。

 講演後は地域の母子の協力により、赤ちゃんとふれあう交流会も開かれ、生徒らは「かわいい」と顔をほころばせていた。前野未来さんは「赤ちゃんを育てるには自分たちの意志だけでなく、しっかり育てられるかどうかを考えなければいけない」と話していた。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク